経済

知事はCOVIDの継続的な境界要求

約40個の日本県知事は6つの県のコロナウイルス緊急事態が解除される前日オンラインで会った。 多くの人々が新しい事例で再発を防止するための措置の重要性を強調しました。

全米知事協会は土曜日にオンラインで緊急タスクフォース会議を招集しました。

緊急宣言は大阪、愛知など6つの県の日曜日に解除される予定だが、3月7日まで、東京とその周辺の3つの県には残っています。

Yoshimura Hirofumi大阪支社は新たなで反動を防止することが非常に重要であると言いました。

彼は大阪市のレストランとバー、3月21日までの午後9時まで閉鎖するよう要請したと述べた。 これらのレストランは、緊急時に午後8時までに終了するように頼まれている。

Yoshimuraは、社会や経済活動を可能にしながらケースの数が低く維持されることを望んで言います。

大村秀章愛知知事は3月の最初の2週間の間に県自体のCOVID-19の制限が利用できると言いました。 彼は3月と4月に卒業式と入学式に関連する多くのイベントやグループの食事イベントがあるので、人々が復活する可能性を警戒することを促しました。

宣言が残っている埼玉の小野本広知事は、新しい事例の減少率が鈍化したと言いました。 彼は高い病院のベッドシェアと亜種の拡散の恐れがあると付け加えました。

彼県まだ宣言を解除する準備ができておらず、3月7日までに、新しい感染症を防ぐための継続的な努力を促した。

知事は、後で中央政府のための緊急の勧告を作成しました。

彼らは緊急事態が解除された後でも、強力な抗ウイルス処置を必要としました。

また、緊急事態ではなく、県の業務時間の短縮が要求されない産業の経済と雇用支援を政府に要請した。

READ  トヨタ、2人乗りの超小型EV「C + pod」を限定販売航続距離150kmの価格165万円で - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close