エンターテインメント

短い「ホーム」は、アジア系アメリカ人のアイデンティティと人種差別を扱っています。

最初に竹中恭子はバーに迫った男たちを密かに録音することについて罪悪感を感じた。

ローミング映画監督、俳優、モデル、ミュージシャンと演奏アーティストはワシントン、DC、ニューヨークで7年間酒を飲みながら、自分が持っていたオーディオ録音デバイス(一般的には電話)を使用して無数のことを記録した。 人種差別主義者たちは、見知らぬ人が私的な会話でそれらを強制しました。

「私も大丈夫だろうか?」 竹中は、当時の男性の不明で麻酔した接線が、後で自分の芸術を介してどのような方法露出されることを知って不思議でした。 (「顔がとてもきれいで東洋的です。」「寿司が好きなら寿司に連れて行ってください。 “、”韓国人はボールが膨らんいます。」様々な男たちが音を立てて言います。)

「しかし、録音を開始し、私は一生の間に、これらのすべての経験が同意せず、アジア系アメリカ人が私たちに全く属さないすべてのこれらの非合意的経験とミクロ攻撃を固守していることを悟りました。」とTakenakaは言います。 最近、東京から来たビデオ通話で

「私は同意していない口調と私たちの文化を崇拝物にし、私を人間として崇拝物にし、私たちを非人間的にする方法を生産的に使用できる力が大きかったです。 そして録音は、私はこの正確な経験を翻訳することができる唯一の方法でした。 なぜなら、アジア系アメリカ人は、多くの場合、彼らの経験について話を出すからです。」

不要な交換の音声は、先月公開されたTakenakaの映画「Home」で聞くことができます。 断片は、アジア系アメリカ人の女性としてのTakenakaのアイデンティティと経験を反映している映画や音響セットピース、オリジナルの時、音楽を4枚で構成されたものです。

主にロサンゼルスに居住するTakenakaは「視聴者がアジア系アメリカ人の経験のフェティッシュ化やその他の化に巻き込まれたり、積極的に参加しているすべての方法を理解することを願います。」と言います。

「そう触発されて失望は学校の運動場で子供の頃、常に私を苦しめる#StopAsianHateを投稿するまさにその人が私たちの町を華やかに作成リトル東京とチャイナタウンのコミュニティを消すことです。 そして私は人々が関与していることを知るために、人々が必要です。 “

Kyoko TakenakaはHuman Resources Los AngelesのRooted Love祭りでのライブ公演で「Home」を発表しました。

(パラ数)

マサチューセッツ州ニュートンで成年になった多ケナダの子供の頃の家は、近所の人に「家」として知られました。 白いピケットフェンスが並ぶ主白郊外に労働者階級である日系アメリカ人の家族が住んでいた家でした。

小学校の時だケナダはクラスメートが家庭で作った昼食を嘲笑しながら、「とても痛かっ泣きに疲れ “いじめを避けるために家庭で食べたり捨てるときを覚えています。

他の人と人種差別、家庭内暴力の痛みを伴う記憶はNewtonをTakenakaに多大なトラウマの場所に作成しました。 だから、彼らは約10年前に「家」が撤去される予定というニュースを聞いたとき、それを撮影しなければならないということを知っていました。 まだどのような目的のために知らなかった。

「率直に言って、いつかはパンクミュージックビデオになると思いました。」と、ロンドンに拠点を置く引き裂かアフロ、アジアのバンドWastewomxnでギターを呼んで演奏するTakenakaは言う。 “そしてナソイ映画を作りたかったのと、それが私たちの家と子育ての大部分であることを知っていました。 …映画は、過去の瞬間を提供し、これを現在のもたらすことができる強力なツールです。」

Takenakaの若い頃の写真と並べて配置された「Home」は、監督が放棄された家の壁にハンマーを持って、家族の古い持ち物をくまなく捜さ米国古典の忘れられない表紙の曲調に合わせてモノクロ映像で開始されます。 Take Me Home、Country Roads」

Takenakaは “私のすべてのものがまだそこにある間に、すべてのものを経るがカタルシス経験を望んことを知っていました。 壁を叩いて、物理的な形の家で子供の頃のすべてのトラウマをすべて解決しました。」とTakenakaは言います。

短編映画の中崩れていく子供の頃の家に立っている竹中恭子 "家。"

竹中恭子が短編映画「ホーム」のために子供の頃の家を訪問します。

(Kyoko Takenaka)

インスピレーションと内容が非常に個人的なものであるため、Takenakaは、最初は地域上映と映画祭を越えて「Home」を公開することを躊躇しています。 アジア系の女性6人がアトランタ地域の射撃で死亡し#StopAsianHateへの動きが竹中がそれをアップロードすることにしたクロスの勢いを獲得しました。 彼らのウェブサイトに そしてソーシャルメディア。

竹中は、「多くのアジア系アメリカ人の女性には本当に触発されたこの時間の間にそれを共有しなければならないと感じました。 「アジア系アメリカ人にとっては新しいものではありません。 これは1800年代からの移行が始まって以来、私たちが手掛けてきたことです。

「今すぐ、人々は最終的に我々の話を受け入れています。 だからアジア系アメリカ人が自分のすべてのトラウマを個人的に説明しなければならないということは、本当に圧倒的ことができます。 …もし [‘Home’] アジア系アメリカ人が労働をする必要がないというのが便利な場合があります。 私はそれが使用されることを望んでいた。 “

312,000人以上の インスタグラムでのみ人種差別主義的女性嫌悪的なバー発言が竹中が “ホーム”のためにテープに収めた発言を聞きました。 後で同じような位置から撮影して後半作業に追加された反応ショットでは、感動受けていないTakenakaが落ち着いて、さまざまな飲み物を飲んで、カメラを見下ろす。

Takenakaは「アジア系アメリカ人がいるように、人々がライブを経験することを望んでいた。 「また、このような視覚的なシーンを再現する過程でトラウマを処理していたその瞬間に、私はどのように対応してたかったのかについての再現と同じだったが、おそらく…そうすることができなかったことです。

“私はそれが本当に多くのアジア系アメリカ人がトラウマが発生した後どこに共感できる経験だと思います。 彼らは「ああ、この言葉をすべきだった」と言いながら自分自身に多くの責任を負っています。 「私より言わない?」 …しかし、その瞬間を取ることができ、それがどのように愚かか見るデエヌン大きな力があります。 “

竹中恭子が短編映画の舞台裏ノートパソコンで作業中 "家。"

竹中恭子(Kyoko Takenaka)がハリウッドのイエローフェイス(yellowface)と半アジア的比喩の歴史を見てみる短編映画「ホーム」の第3章ビハインドストーリー。

(Kyoko Takenaka)

Instagramに「Home」のクリップを投稿した後、Takenakaは断片が癒しと検証の源泉となったアジア系アメリカ人の女性と女性の直接メッセージ流入に圧倒されて力を獲得しました。

ロサンゼルスで開かれたマルチメディアアートショーで2017年にデビューする前に最初に “Home”を見た人の中にはTakenakaの長い協力者であるJenevieve Tingがあります。 彼は上映参加者が映画のために魂を探し作品を見て涙を流しながら「目が覚め」であることを目撃した。 初めて。

LA在住の作家、アーティストであるTingは「今一般に「ホーム」を提供することはKyokoに本当に寛大なことです。」とLAに住んでいる作家、アーティストであるTingは言う。「Kyokoがしたことは。 。アジア系アメリカ人として、私たちに許可を与えるようなものでした。 「いいえ、あなたはあまりにも長い間感じ怒りと悲しみと痛みを感じることができます。 あなたは静かに声をあげています。」

「ついに誰かが「はい。 悲鳴、音。 この傷や怒りも必要になります。 「そして、それがAAPI女性にどのように痛みがあるかの人々の理解を開くのに役立つならば – 女性に社会化された人、femmes、nonbinary people、trans people-私は多くの人々がアクセスすることができるより多くの権限を与えるください。 、苦痛だけでなく、怒り。 また、私たちのすべてに、より正直で、公平な未来への希望と可能性もあります。 “

Takenakaの別の協力者であるkyoko nakamaruは「一方向」の交換を「立派だ」とテープを貼った本能と呼ばれていました。 LAの精神的なカウンセリングは、作家は、2018年Little Tokyoのコミュニティポップアップ空間で「Home」を初めて見て、そこから彼女は「Kyokoが映画で照らす永遠の他者」の経験と接続しました。

“[The] クリップで聞く人種差別比喩は、私たちが毎日非アジア人から聞くことです。」とnakamaruは、電子メールに書いている。 “[It’s] 疲れを知らず京子は一言もせずに叫んだ。 彼らの表現や言語的反応を拒否することは私に解毒剤であり、私は会話に常に参加しました。」

多くの人々が今、それを発見しているがTakenakaが “Home”を完成させたか、数年後、その後、次の章に進みました。 現在彼らは東京で映画の後続作業を進めており、物語の映画制作に深く陥っながらTVシリーズに適応する予定です。

今までTakenakaの続編の進展はほとんど観察的でした。 日本の遺産にアクセスし、最も純粋な形で文化を吸収する一方で、継続的な公衆衛生の危機のために観光客は入場できません。

「ブームインフルエンザウイルス:飛んで行ってください」と呼ばれるこのプロジェクトは、アジア系アメリカ人に対する憎悪犯罪が増加して疲れた、11月に日本に一時的に移転することに決定したTakenakaの決定を知らせる内部反射および外部半のアジア情緒を探索します。 、人種差別自制、「Go back to your country」が、米国全域に響き渡りました。

「知っている? お勧めです。 “Takenakaは当時の思いを回想します。 「多分私達がすることです。」

今年、TakenakaはLAのMusic Centerを通じて “BAMインフルエンザウイルス:飛んで行ってください」の最初のスニペットを発表しました。 彼らは継続的に生きてきたとVicha Ratanapakdeeと「すべてのアジア系アメリカ人の高齢者」に試写会を捧げました。 伝染病の間に脅威と攻撃する。

Takenakaは「芸術家としての私の目標は、アジア系アメリカ人の治癒を提供することを学んでいます。 「私は私たちの誰もすることを選択だとは思わない。 そして、それは我々が自律を持ったことがありません。

「このすべてのトラウマは、私たちのものではない。 しかし、私はアジア系アメリカ人のアイデンティティのジョブを作成するしかありません。 …演技でも演出でも、音楽、舞台芸術でも…私たちのコミュニティを高揚させるためにすべてを統合したいと思います。」

READ  アップデート1-オリンピック - ジャパン、オリンピック開始までダウングレードされた緊急状態を考慮-paper

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close