エンターテインメント

短編短編映画祭&アジア、日本唯一のブランド映画祭を開催

8仕事 ブランドショーツ – 今提出のために開いています

インディッドが支援する新しく設立されたHR競争で強調 人材の観点から、短編映画だけでなく 2nd ビジネスと社会におけるデジタル世界の未来を描くために、「デジタル」と「人間」のテーマを組み合わせたデロイトデジタルアワード

渋谷、 日本2022年8月1日 / PRNewswire/ – 開始 8月1日月曜日ブランドショーツ、 日本の 唯一の国際ブランド映画競争、2023 短編短編映画祭出品受付開始 アジアの一つ アジアの 最大の国際短編映画祭であり、アカデミー賞認定を受けています。

URL http://brandedshorts.jp/en/entry2023/

2016年の祭りを通じて設立されたBranded Shortsは、「広告」の境界を超えて消費者に社会的価値(サービス、製品、経験)を「映画コミュニケーション」。 映画祭は、ブランド映画を8つの視点を持つ選択された映画として定義します。 不可避性、認識を変える能力、共有する能力、メッセージの力、視聴率の維持、創造性、永遠性、視聴後の維持。

提出期間中に最終候補につながる短いリストを発表します。 2023年映画祭のために広告や映画分野の様々な産業分野の審査委員を集める予定であり、最高のブランド映画選定作は「今年のブランド断片」を受賞することになります。

今年新しく新設されたインディドが支援するHRカテゴリーは、人事、採用面でブランド映画を叫んでいる。 デロイトデジタルアワードは、「Purpose」(存在の意味)、「New」(斬新)、「デザイン」、Human Experience(人間の経験の価値)、「Engagement」(愛情)。

また、第12回ビジュアル観光アワードでは、自治体および団体で制作する地域ブランド映画を募集します。

デロイトデジタル賞
声明 宮下郷デロイトデジタルマーケティング責任者:

「今年、多くの候補者がブランド映画の多くの可能性を再発見しました。

次の2023年の受賞が企業の社会的目的を表現する「新しい」コミュニケーション方式を作るきっかけになることを願っています。

幻想的な作品を期待してほしい」と伝えた。

インディッドがサポートするHR競争
声明 水島郷インディッドジャパンマーケティングディレクター:

「Indeed Japanは、自社のメディアを通じて企業の使命、目的、文化を積極的に伝える概念である「Owned Media Recruiting」を推進しています。

新たな情報伝達手段としてブランド映画の効果に対する期待が大きい。

企業の魅力が必ずしも途方もない必要はなく、現実的なら、より大きな共感を呼び起こすと信じています。 会社の休眠の魅力を蘇らせ、求職者に伝えてほしい」と話した。

メディア連絡先:
田中ふゆみ
0354748201
[email protected]

短編短編映画祭SOURCE委員会

READ  WeWork創設者Adam Neumannはほとんど破壊された会社から2億5千万ドルを追加で受けることができます。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close