石炭排出量を削減するために日本で最高のユーティリティパイロットアンモニアを使用

Estimated read time 1 min read

(Bloomberg) – 日本最大の電力生産会社Jera Co.は、発電のために石炭の一部をアンモニアに置き換える論争の余地がある排出削減技術をテストしていると会社の声明で述べました。

Bloombergで一番読んだこと

ジェラはメーカーIHI Corpと共に月曜日、愛知県のヘキナン火力発電所で初のデモンストレーションを開始した。 このユーティリティは、大規模商業発電所で石炭発熱量の20%を燃料アンモニアに置き換えることを目的としています。 。

実験結果によって、日本が純ゼロ目標を達成するための方法として、石炭発電所でアンモニアを使用する計画を拡大できるかどうかが決まります。 資源不足の国は経済を脱炭化するために幅広い技術に頼っているが、石炭やガス発電所でアンモニアと水素を使用することは、一部の国や環境団体からコストがかかり、排出量を減らすのに効果的ではないという批判を受けている。 。

続きを読む:日本、アジアでの同時燃焼技術の使用のサポートを探す

ジェラ側はアンモニア混沌時に有害汚染物質である窒素酸化物が排出されるかどうかを調査し、ボイラーなど装備に及ぼす影響も注意深く調べると明らかにした。 テストプロジェクトは今年6月まで行われる予定だ。

ステートメントによると、IHIは結果を評価してアンモニアの割合をさらに高める方法を探し、最終的にアンモニアを燃料として完全に使用するバーナーを製造することを明らかにしました。

Bloomberg Businessweekでよく読んだこと

©2024ブルームバーグLP

READ  Nintendoの今後のパーティーゲーム全1-2-スイッチ! 「一度に100人のプレイヤー」ショーケース
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours