エンターテインメント

石田ゆり子、佐藤光一は「女性を知っている」 – シネマ:日刊スポーツ

映画「自動東京」初日舞台挨拶に登壇した前列左から西島秀俊、佐藤光一、石田ゆり子、後列左から名勝涼広瀬アリス、中村倫也、井戸之脇海、波多野貴文監督(撮影・村上ゆき将軍)

石田ゆり子(51)が4日、東京・丸の内TOEIで行われた主演映画「サイレント東京」(波多野貴文監督)初日舞台挨拶で主演佐藤光一(59)について「女性を知っている」と評した。

石田は劇中でクリスマスイブの東京・渋谷スクランブル交差点などで発生した未曾有の連続爆破テロ事件のショッピングの途中で巻き込ま主婦山口アイコンを佐藤容疑者の朝比奈陣を演じた。 佐藤が「自動東京」が俳優人生40周年の罪を飾る作品であることを劇中の容疑者を演じたことを受け、石田ら共演陣が「公開疑問」した。

石田は「私は柔らかな質問をたい…女性のジェスチャー、これ好む、ということを…光一さんの女性ファンも多く知っているので」と質問した。 佐藤は、一連の事件を独自に追う渋谷警察署刑事課・トヨタシノ夫経緯を演じた西島秀俊(49)を横に「率直に言ってよ、その手の質問も近くまでしてくれる」と要求した。 それでも「女性が女性らしい行動をしても何も思わない。私は逆に女性がきれいに化粧しているが、グワトと鼻をかむ…そんなことを見ればかわいいと思います。あ、何か人間のような所、見せて」と答えた。

石田は「良い話…光一さんは、20代の頃からよくしていただいていますが、女性を見る目がすごくあると思い」と切実に語った。 佐藤が「そうですか?どこら面が? 「驚く石田は佐藤が女性をどのように看破しているのか、最終的にに話し始めた。

石田多く取材を受けましたね。 取材する側も様々な女性たちがいるということじゃないの。 知っていると…難しいと思います。 女性に困難があり、この人はしっかりと考えているのか、知っている含まれている、本当に考えていることをすぐに見抜き、と感じています。

石田の言葉を聞いて佐藤は「そんな、私は、感じてしまっていた」と思わず口にした。書道家「感じてしまっています」と笑って “別の表に出さないようにしていた」と苦笑すると石田は「それとてもカッコイイとと思った。」と微笑した。

READ  ソーシャルメディアは、米国の政治文化の輸出を加速しています

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close