砂嵐、危険な汚染が北京に戻る

1 min read

4月11日(ロイター) – 水曜日までの厚い砂嵐が北京といくつかの地方を襲うと、中国の予報官は市民に旅行中の呼吸器の危険性と非常に低い可視性を警告したと国営メディアが報じた。

首都北京は、過去数週間にわたって定期的な大気汚染や季節に合わない砂の嵐の多くを目撃しました。

予報官は砂嵐の青い気象警報を発令した。 中国には4段階の色分けされた気象警報システムがあり、赤は最も深刻な警告を示し、青は最も深刻な警告を示します。

火曜日の朝、スモッグと霧の灰色の雲が北京を覆っていることがわかりました。

大気質データと情報を発行するウェブサイトIQAirによると、北京の大気中の微粉塵濃度は現在、世界保健機関(WHO)の年間大気質ガイドライン値の46.2倍だ。

山西省、山西省、河北省、山東省、江蘇省、安徽省、河南省、湖北省、ネイヨン区、大都市上海を含む12の城は、水曜日の午前8時(0000 GMT)まで砂嵐と主なほこりの影響を受けると中央気象観測隊が明らかにした。

砂嵐は中国のTwitterのようなソーシャルメディアプラットフォームであるWeiboで217.8万のチャットを記録し、再び熱い議論のテーマになりました。

あるネチズンは「なんだ!寝て起きたらなぜ誰も祝日のお知らせをしないのか、今日もほこりの中に出勤しなければならない!」と書いた。

北京は広大なゴビ砂漠の近くにあるため、3月と4月に定期的な砂嵐があります。

中国生態環境部のある政府関係者は最近、砂嵐の回数が1960年代より4倍増加したと話した。

Bernard Orrの報告。 Sonali Paulの編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Everard殺人事件のロンドン警察、安全上の注意に対応
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours