理科

研究は南極海が炭素を吸収していることを確認しました – 温室効果ガス排出のための重要な緩衝剤


2012年1月3日 – 8月15日

南極大陸を回る水は、放出するよりも大気からより多くの炭素を吸収し、強力な炭素吸収源と温室効果ガスの排出に対する重要な緩衝として機能します。

研究航空機の新たな観測によると、南極海は放出するよりも大気からより多くの炭素を吸収し、強力な炭素吸収源であり、人間が誘発した温室効果ガス排出の影響に対する重要な緩衝の役割を果たしています。 以前の研究とモデリングのために、研究者は大気中の二酸化炭素(CO2)南極大陸を回る冷たい水に吸収されます。

ねじ– サポート 発表された研究 〜へ 科学 2021年12月、科学者たちは、大気二酸化炭素の航空機観測を使用して、「45°S南海への年間炭素純フラックスが大きく、他の最近の観測よりも強い夏の吸収と冬の排出ガスの減少を示しています」 彼らは、この地域の水が毎年放出する炭素より約0.53ペタグラム(5億3000万メートルトン)多くの炭素を吸収することを発見しました。

今回の研究の躊躇であり、国立大気研究センター(NCAR)科学者であるマシュー・ロング(Matthew Long)は「空気中の測定は夏に南極し、表面の低い大気で二酸化炭素が減少することを示し、海洋による炭素吸収を示しています」と説明しました。 )。 航空機の観測は、2009年から2018年まで、2016年のNASAの大気断層撮影ミッション(ATom)を含む3つの現場実験中に収集されました。

このページのアニメーションと静止画は、2012年の地球海洋での二酸化炭素の吸収(青)と放出(赤)の領域を示しています。 (南半球に焦点を当てるには1:00に移動します。)データはECCOから取得されました。 -ダーウィングローバル海洋生物地球化学モデル。 この研究は、国立科学財団(National Science Foundation)、NASA、国立海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration)の支援を受けました。

2012年5月14日

人間が排出した二酸化炭素が大気に流入すると、ガスの一部が海に吸収され、この過程は大気の炭素蓄積をやや遅くすることができ、それに応じて地球温度も上昇します。 これらのいくつかは次のものです。 ヨンスン 深海の冷たい水。 表面に達すると、より冷たくて栄養豊富な水がCOを吸収します。2 一般的に光合成生物の助けを借りて大気から 植物性プランクトン– 再び沈む前に。

コンピュータモデルは、人間が生産するCOの40%です。2 世界中の海で元々大気から南極海に吸収され、地球で最も重要な炭素吸収源の一つとなりました。 ただし、COのフラックスや交換を測定すると2 空から海まで挑戦的でした。

南氷洋炭素フラックスに関する多くの以前の研究は、海洋酸性度の測定に大きく依存していた。 これは海水がCOを吸収すると増加します。2– 裕福で漂う器具で撮影。 新しい研究では、航空機を使用してCO濃度の変化を測定しました。2 海の上の大気で。

「雰囲気を欺くことはできません」とロングは言った。 「海面と陸地で測定された測定値は重要ですが、空気と海の炭素フラックスの信頼できる写真を提供するにはあまりにも希薄です。 しかし、大気は広い範囲にわたってフラックスを組み込むことができます。

新しい研究のために、研究者はATom、HIPPO、ORCASの3つのフィールド実験で空気中測定を使用しました。 総合的に、フィールド実験は、大気中のさまざまな高度とさまざまな季節にわたる二酸化炭素の垂直方向の変化に関する一連のスナップショット(またはプロファイル)をキャプチャしました。 たとえば、2016年初めのORCASキャンペーンの間、科学者たちはCOの減少を見ました。2 飛行機が降下したときの濃度を測定し、海面の近くで高い乱気流を検出してガス交換を示唆した。 これらのプロファイルは、いくつかの大気モデルでチームがカーボンフラックスをよりよく推定するのに役立ちました。

NASAのScientific Visualization StudioのビデオとECCO-Darwin Global Ocean Biogeochemistry Modelのデータ。

READ  SpaceX宇宙飛行士は、Inspiration4の任務の最初の2日間痛かっ宇宙飛行が十分に長くないと思っていた報告書は言う。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close