理科

研究:中国の科学論文の品質1位

日本の研究機関は、自然科学分野の論文の質で、中国が初めて米国を追い越したと明らかにした。

日本の国立科学技術政策研究院は、2019年までの3年間、世界的に発表された科学論文を分析しました。 この研究所は、文部科学省所属です。

量的に見れば、中国は年間平均35万3100編、米国は28万5700編にのぼる。 中国が過去3年間の平均値では、米国を追い越したのは2年連続である。 ドイツが約68,000人で3位を占め、日本が65,700人以上に続いた。

質的な面では、中​​国の研究論文も進んでおり、これは他の論文に引用された論文の数で見られるように、品質の指標とされる。

最も多く引用された論文の上位10%を見ると、中国が40,200件以上の占め初めて米国を追い越した。

米国は37,100本以上の論文が上位ブラケットに含まれており、英国では8600件以上、ドイツは7200件以上に続いでした。 日本は3700本以上の論文で、10位を占めています。 4,000人以上のインドに押され、9位に上がりました。

研究所の関係者は、中国が近年研究ができると資金支援の増加に弾みを得たと述べた。 この関係者は、日本が研究の時間と博士課程の学生数を増やすべきだと述べた。

READ  「The Lady With Bindi」は、NASAのビデオが口コミ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close