研究:日本のコロナ19ワクチンプログラムが感染を減らすのに役立ちました

Estimated read time 1 min read

日本の研究者たちは、日本のコロナ19予防接種プログラムが感染者と死亡者の数を減らすのに大きな助けになったと言います。

西浦広志教授が率いる京都大学研究チームは、国際科学ジャーナル・サイエンティフィック・レポート(Scientific Reports)にその評価を掲載しました。

研究者らは、接種が始まった2021年2月から10ヶ月間ワクチン接種をしていない状態で、コロナウイルス感染者数と死亡者数を数学モデルを用いてシミュレートした。

無症状を含む実際の感染者数が確定者数の4倍に達すると仮定してシミュレーションを進めた。

研究者らはまた、人々の動き、コロナウイルス変異体の特性、およびその他の要因を考慮して伝播モデルを作成しました。

研究者はワクチン接種がなかったら、研究期間中に累積感染者は6330万人、死者は36万4000人に達したと明らかにした。

実際の感染者は470万人、死者は1万人に達した。

ワクチンの効果が高いのは、ワクチン接種を通じてワクチンを接種していない人をウイルスから保護できる集団免疫が達成されたためである可能性が高いという。

西浦教授は、この方法を使用すると、当局はワクチン効果のリアルタイム観察に基づいてワクチン接種プログラムを実施できると述べています。

東京学芸大学のプロジェクト教授である稲葉久氏は、ワクチンがなければ感染状況がどうだったかを実際に観察することは不可能だと述べた。

しかし、彼は数学モデルを使ったシミュレーションによって、予防接種プログラムが重要で間接的な影響を与えたことを示唆すると述べた。

Inabaは、人口レベルでワクチン接種の実際の効果を評価するための確立された方法がないと述べています。 彼は、研究者が考慮すべき他の要因があるかどうかを調査し続けなければならないと述べました。

READ  銀河系の踊りは、宇宙が思ったより若いことを示しています
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours