経済

社説:人権は現在、サイバースペースの強大国の重要な問題です。

GAFAはGoogle LLCを総称する略語です。 アップル社最近、Meta Platforms Inc.に名前を変更したFacebook Inc.; とAmazon.com Inc.

アメリカに拠点を置くこのIT(情報技術)巨大企業は、何よりもインターネット検索、eコマース、ソーシャルメディアのためのオンラインプラットフォームを提供するため、「プラットフォーマー」とも呼ばれます。

今日のプラットフォームから完全に外れた人はほとんどいないでしょう。 プラットフォーマーの影響力は主権国の規模に似ているため、「新しい支配者」とも呼ばれるプラットフォームゲームはほとんどありません。

いくつかは、既存の多くの州で政府が人々の基本的な人権を確保するために権力を行使することを制限する憲法を持っているように、これらおよび他のIT大物の活動は特定のフレームワーク内に存在して個人を保護する必要があると主張します。

プラットフォーム対国

日本憲法が発効してから75周年になる今年は、サイバー空間というデータの海がどんな姿であるべきかについて深く議論するのに良い時期だと思います。

フェイスブックは昨年メタに名前を変更し、今後数年間メタバス事業にもっと努力するだろうと述べた。

メタバスとは、人々が自分のアバターや分身に代わって登場して世界中の人々と会話し、物事を買い、他の作業を行うことができる仮想オンライン空間を意味します。 同社は、今後数十億人の人々がメタバスを訪れると述べた。

人工知能問題に精通した東京慶應義塾大学の憲法学教授の松本 哲本氏は、メタが発表したビジョンにより、プラットフォーマーが国家より強くなる可能性があることに気づいたと語った。

山本氏は、「私たちの人生は(メタCEOであるMark)Zuckerbergが定めたルールを持つ仮想空間に移動しています。以前は、他の民間当局が連れて行かなかった、まったく異なるレベルに連れて行ってください。

昨年初め、FacebookとTwitterは当時、米国大統領のドナルド・トランプが暴力を扇動するために利用されたアカウントをロックした。

彼らが正しく行ったかどうかについての質問とは別に、開発は、特定の状況でプラットフォーマーが表現の自由とさらに民主主義と衝突する可能性がある曖昧な現実を強調しました。

彼らの力は、世界中でインターネットを通じて得た膨大な個人情報から来ています。

彼らは、人々の自由意志に影響を与え、彼らの人生に大きな影響を与える可能性があるターゲット広告、個人の信用格付け、およびその他の機能の基礎を提供します。

個人の尊重に焦点を当てる

プライバシーを基本人権と見なす欧州連合(EU)は、このような曖昧な状況に迅速に対処しました。

2018年に発効したEUの一般データ保護規定は、時々21世紀の「人権宣言」とも呼ばれます。

GDPRは、何よりも、市民が特定の事業体が自分についてどのような個人データを所有しているかを知る権利と同様のデータを他の企業に転送することができるデータ移植性に対する権利を提供します。

これには、プラットフォーマーによる自動処理による個人プロファイルのプロファイリングまたは評価に反対する権利と、オンラインに存在する個人データの削除を要求することができる忘れられる権利に関する条項も含まれます。

表現の自由の守護神として知られる米国でも規制が強化される傾向だ。

日本はまだ似たような進展に追いついていない。

政府が2020年末、内閣で承認したデジタル社会実施基本方針の一節は「個人が自律的に情報を制御できるようにするなど、公正で倫理的なデジタル社会を作るために努力するだろう」と明らかにした。 自分について」

しかし、それ以上は5月に制定されたデジタル改革に関する法律パッケージに含まれていませんでした。 政府は「一般権を代表すると明示的に表現することは適切ではない」と説明した。

最高法の一部を代表する日本憲法13条は、すべての人は個人として尊重されなければならないと明示しています。 自分に関する情報を自分で制御できる個人の権利はそこから派生します。

しかし、感情的には、この問題についての長年の議論はまだ結実していません。

大きな力の間の確認とバランス

昨年末、下院憲法委員会で個人情報が不適切に使用され、オンラインスピン統制で民主主義が歪曲される可能性があるという指摘が出た。

ある委員会の委員は、個人情報保護が憲法の文脈で明確に定義された地位を与えられなければならないと主張したが、他の委員会は、データの取り扱いに関する基本原則が憲法に明確に明示されるべきであると主張した。

一部では憲法にこれと同様の条項を明示する必要はなく、個人情報保護法が明示的に自分の情報を統制する権利を明示すれば十分だと思います。

いずれにせよ、データ処理に関連する自由と権利を公衆の知る権利と平衡させるために、より明確に説明する必要があります。

もちろん、プラットフォーマーは自由を与えなければならない商業企業なので、過度の規制を受けてはなりません。

その間、国はこれらの巨大で超国家的な企業が提起する問題に対処するために一緒に努力しなければなりません。

国家が個人の人権を侵害する可能性があることも忘れてはなりません。 国家によるデータの集中化と独占は、サイエンスフィクションのディストピアを作成します。

私たちは、何よりも強大国間の牽制とバランスを追求する上で、個人に対する尊重に重点を置かなければなりません。

– 朝日新聞、1月1日付

READ  日本は2022年度の経済成長率予測を2.2%から3.2%に上方修正

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close