技術

社説:和1世悲劇の繰り返しを防ぐためにクルーズ船の安全強化が必要

交通省の専門家パネルは、北海道知床半島で致命的な事故が発生した後にクルーズ船の安全を改善するために提案された措置の中間報告書を発表しました。

捜査官は4月23日、Kazu I観光船が沈没した結果をもたらした運営者を監督し、誤った作業を感知できなかった働きを明らかにしました。

教育省は、これらの悲劇が再発しないように強い責任を持って、提案された措置を迅速かつ厳格に実施するように促します。

事故当日、オペレーターは、天候が落ちると予想されたにもかかわらず、船の出港を許可することにしました。

また、社屋無線アンテナと衛星電話が故障し、予備通信手段である携帯電話がほとんどの予定路線でサービス範囲を外れた。

昨年2件の事故が発生して国土部で特別点検を行ったが、運営者が船舶の航海日誌を正しく保管できなかった。

国土部が全国観光ボート運営者を対象に緊急安全点検を行った結果、162の事業体で計346件の不履行が摘発された。 数字は単に素晴らしいです。

今回の発見は、今回の事件を非正規オペレータによる奇妙な事故とみなすべきではないことを示唆する。 業界全体の基準を高める必要があります。

専門家パネルはまた、政府の検査システムと現行の規制フレームワークの実効性について疑問を提起した。

提案された47段階のうち16が現在の会計年度に実施されます。 これには、予告なしの検査と遠隔技術による監督の強化、違反に関する報告を受け入れるための連絡窓口の設定、オペレータに発行された行政指示記録の投稿などが含まれます。

報告書はまた、法と規制の改訂を要求する31のステップができるだけ早く実施されるべきであると述べています。 これには、事業免許の更新要件、セキュリティ命令違反の懲役、および船長の資格要件が含まれます。

これらの提案はすべて意味があります。 しかし、計画どおりに施行できるかについての懸念がある。

専門家も指摘した一つの問題は、政府と船舶検査機関の人力難である。

運用効率を改善し、従業員の割り当てを確認するための努力が必要ですが、必要に応じて従業員の数と予算の割り当てを増やすことは依然として必要です。 これは乗客の安全上の問題なので、角を削る余地がないはずです。

もう一つの懸念は、多くのボートオペレーターが中小企業と新しいコロナウイルス感染症で大きな打撃を受けたという事実です。

パネルの推奨に従って水温が低い地域で運航するボートには、数十万円の費用がかかる非常救命いかだを取り付ける必要があります。

資金不足のオペレータが要件を遵守できるように、ローンプログラムなどの支援措置を強化することが重要です。

エキスパートパネルは、年末までに最終報告書を作成するために議論を続けます。

最新の科学知識と情報、そして業界の現実に基づいて、効果的で説得力のある提案が出てくることを願っています。

パネルがミッションを完了するには、知床半島で発生した事故に関するすべての事実を明確にすることが重要です。

日本交通安全委員会と日本沿岸警備隊は、調査の正確性を犠牲にすることなく、事故の原因を特定するための努力を加速しなければなりません。

–旭新聞、7月17日付

READ  [CEDEC 2020]フロムソフトウェアの研究開発部門が自社タイトルでAI実験場を作り、検証を成功させるまでを紹介したセッションを見て

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close