理科

社説:大学の革新的な研究に不可欠な職業安定性

国会が10兆円(784億3000万ドル)規模の基金を造成し、政府が研究能力向上のために「優秀」大学と認めた大学に投資収益を分配する法案を通過させた。

法案の議会審議は、この法案が期待した結果をもたらすことができるかどうかについての質問に対する手がかりを提供しませんでした。

これとは別に大学研究員が抱いている残念な現実が明らかになった。

国立大学の何百人もの研究者の雇用契約が間もなく終了する可能性があります。

期間制研究員は、雇用期間が10年後に雇用主に正規職研究員に身分を転換するよう要求することができる規定があります。 この規則が適用されてからすぐに10年になります。

政府が近年、限られた財政資源を特定の分野に集中する戦略に基づいて補助金を削減するにつれて、国立大学は運営資金を調達するのに苦労している。

大学が給与に追加する正規職の数を制限しようとするため、期間制契約を結んだ多くの研究員が雇用期間が10年になる前に雇用を失う可能性があるという懸念が高まっています。

教育部調査によると、国立大学には3099人の研究員がいる。

合計1,672名が雇用期間を10年と明示した契約に従い雇用されました。

研究開発部傘下の研究開発機関研究員317人に対する契約には10年の制限も含まれている。

多くの人々が若い科学研究者と考えられていますが、社会科学と人文科学研究者は同じ運命に直面しています。

彼ら全員が失業の即時のリスクに直面しているわけではありません。 しかし、若い研究者にブートを提供することは、日本の学術研究に測量できない打撃を与えるでしょう。

大学と研究機関は、給与を維持するためにあらゆる努力を払わなければなりません。

雇用を保護するためには、政府が雇用主に財政援助を提供することが重要です。

期間制契約を締結したすべての労働者は、契約解除のリスクに直面しています。 しかし、政府は大学の国際競争力を高めることが政策優先順位だという点で研究者たちの状況に格別に注意を払わなければならない。

契約期間が定められており、雇用安定性が不足している研究員は、早い成果が期待されるプロジェクトを選択して次期作を確保する傾向がある。 彼らは挑戦的なプロジェクトを扱うことを躊躇します。

多くの科学者が若かったときに成し遂げられた業績でノーベル賞を受賞しました。

これは、若い研究者が自分の仕事を心配することなく、枠組みから離れて考え、プロジェクトを実行することを奨励する環境を提供することが重要であることを強調しています。

投資基金で大学の研究を振興する法案が通過すると、国会は人件費として使用できる国立大学に対する支援を拡大しようという否決を可決した。

目標は、職業安定性を備えた研究者と正社員の数を増やすことです。

懐疑論者は、より多くの研究者が正規職を獲得すると、競争に対するインセンティブが減少し、研究の進行と人材の移動性を脅かすと述べている。

しかし、研究者の成果は大学の内外で厳格な評価を受けています。 仕事のモビリティが失われる可能性はほとんどありません。

最も心配する必要があるのは、研究のキャリアを追求するのを嫌がる才能ある学生です。 実際、博士課程を履修する学生数は着実に減少している。

より多くの研究者が雇用が保証されない限り、研究の質と競争力は向上しません。

– 朝日新聞5月21日付

READ  トップが「1日1食」という決定する脳科学的な理由食べないほうが集中することができ| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close