社説:政府、企業の人無視で日本の30年の低迷につながる

Estimated read time 1 min read





2024年4月26日東京中央区にあるある証券会社の展示には、米ドル対円が156ドル台で取引される様子が示されています。 (Mainichi/Kengo Miura)

日本が「失われた30年」と呼ばれる長期低迷から抜け出すための重要な瞬間だ。 経済活力を取り戻すためには、政府と企業ともに過去の過ちを真剣に反省し、人が先にある社会に転換しなければならない。

円高は約34年ぶりに最低水準に落ちた。 日本と米国の金利差が要因として取り上げられる中、日本銀行(BOJ)が17年ぶりに金利を引き上げた後も為替レートの軌跡は変わらなかった。 2年連続の春労働交渉でかなりの印象があったにもかかわらず、賃金はインフレに追いつかなかった。 多くの家庭では、ウエストバンドを締め付けることができなくなり、「日本はますます貧しくなっている」という考えが大きくなっています。

日本はかつて世界2位のGDPを誇り、主要経済大国とされて​​いました。 今は遠い思い出のようです。 来年には国内総生産(GDP)がインドに追いついて5位に落ちると予想される。

日本はどのようにこのような状況に直面したのか?

慶應義塾大学教授であり、最近失われた数十年を分析した本の著者である小林圭一郎によると、「政府と企業の両方が短期的な経済的利益に過度に執着して方向を変えた」と述べた。


何も流れなかった

最大のミスは、1990年代初めに日本経済バブルが崩壊した後、企業が人材を最小化しなければならない費用とみなされ、整理解雇と非正規職の採用につながるという点だ。 経済のグローバル化が加速するにつれて、企業は中国の怪我などの要因によって適応しなければならないという圧迫感を感じました。 日本の競争力が下落する中で、構造調整は利益確保のための緊急の解決策となった。 新規卒業生の採用が大幅に減り、いわゆる「氷河期世代」が誕生しました。





上田和雄日本銀行総裁が2024年3月19日、東京中央区BOJ本部で日本銀行のマイナス金利脱退について説明している。 (Mainichi/Naoki Watanabe)

限られた天然資源の中で唯一の利点だった日本のかつて強力だった人的資本は大きく悪化しました。 人材への投資に失敗することで、日本は革新的な商品やサービスを創出できず、2000年代以降グローバルデジタル革命を逃すことになった。

政府とBOJ政策も目標を超えた。 大規模な財政扶養策が繰り返し実施されたが、一時的な景気扶養策だけを提供しただけで、長期的にはほとんど効果がなかったが、国家負債を増やすのにとどまった。 小泉淳一郎元首相政府は不良債権処理にスピードを出すなど、「聖域のない構造改革」を推進したが、試合を生かすことができなかった。 代わりに、新自由主義が主導した雇用改革やその他の計画は、ギャップを拡大し、消費者心理を悪化させました。

約11年間進行されたBOJの破格的な金融緩和による副作用も相当だった。 これは、日本をデフレから脱出しようとする安倍晋三第二大政府が推進した「アベノミックス」経済政策の核心でした。 通貨の供給を増やすために、大規模な国債の購入にもかかわらず、目標インフレ率2%は達成するのが困難でした。

円高調整と証券市場の回復というアベノミックスの受益は、主に輸出企業と富裕層を中心に享受したが、より多くの庶民に伝えられなかった。 その結果、格差はさらに広がり、経済と社会を支える核心中産層は衰退した。

当時「金利のない世界」が一般化すると、政府は国家債務返済費用を考慮しないまま過剰な支出を続けた。


未来への不安を解消する必要性

資金調達の容易さにもかかわらず、多くの企業は低収益プロジェクトを続けています。 危険を念頭に置いて、画期的な冒険を始めようとする大胆な精神が消えました。





2008年10月27日付のファイル写真で証券会社ディスプレイには、日経平均指数が日本経済バブル崩壊以来最低値を記録したという事実が含まれている。 (毎日/ツトム小関)

国家財政の悪化と企業の人件費の圧迫により、労働者の未来に対する不安感が高まっている。 年金、医療など社会保障システムの持続可能性に対する疑問と所得渋滞が自然に個人支出を萎縮させました。

長期低迷から逃れるためには何が必要ですか?

小林教授は、労働者が不安なく能力を発揮できるように、政府と企業ともに不確実性を解消するために努力しなければならないと指摘する。 政府は財政規律を回復し、社会保障改革に正面を合わせなければならず、企業は職員教育と人材への投資を強化しなければならない。 これらの対応が緊急に必要です。

経済的状況のために希望する職業を確保できなかった人々を含む人々がキャリア発展の機会を模索する方法を用意することも重要です。 政府は再教育への支援を導入し、企業や大学と緊密に協力して、これらのイニシアチブをより実行可能にする必要があります。 北欧諸国と同様に、全額資金援助を通じて学習機会を提供することを検討することができます。

挫折を経験した青年創業者の再起を支援する政策も緊急だ。

日本が人口減少の中でも繁栄するには、年齢、性別、国籍を問わず、皆が貢献できる社会を構築しなければなりません。 希望を持って働ける環境を取り戻すことが失われた30年の教訓を適用する道だ。

READ  日韓財界指導者、協力強化の約束
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours