エンターテインメント

社説:日本で芸術と文化を維持するための若い世代の動きは支援を必要とします



コロナ事態で文化芸術界が大きな打撃を受けた。 音楽、演劇、伝統芸能分野では、アーティストが観客の前で公演をすることが多く、公演キャンセルと座席数制限が続いており、多くのアーティストが活動を続けることが難しい状況だ。

状況は昨秋に改善し始めましたが、現在コロナウイルスのオミクロンの亜種の拡散で未来は不確実です。

日本当局が外出の自制を促すと、芸術と文化を「不要で緊急ではない」と規定する動きがあった。 しかし、人を動かす芸術作品は希望を与えます。 そのような作品が衰退して、私たちは彼らの代替不可能な存在を再び思い出させます。

同時に、新しい時代の到来を予告する兆しもあった。 これを強化したイベントの一つは、国際ショパンピアノコンクールでした。 予選から決勝まで舞台を生中継し、世界中の観客を魅了した。

コロナ19の中でも音楽ストリーミングを楽しめる環境が設けられたという点も重要な要因だった。 芸術はファンデミックの中で沈滞した感じを破る力となった。

今大会では日本のソリタ・キョヘイが共同2位に上がったが、これは日本ピアニストが51年ぶりにこの大会で達成した最高記録だ。 ピアニストの領域を超えた彼の活動が注目を集める。

コロナウイルス危機に対応して、ソリタはすぐに自分のパフォーマンスをオンライン有料配布を開始し、昨年オーケストラを有限会社に切り替えました。 これら二つのイニシアチブはどちらも若いミュージシャンの生活を支えています。 また、世界中の新進アーティストが日本に来て勉強できる音楽学校を作ることが夢です。

彼の動きの背後には、聴衆が高齢化するクラシック音楽世界の未来に対する危機感がある。 本を読むことなくテレビも見ないスマートフォン世代の若者たちにクラシック音楽の魅力をどのように伝えることができるだろうか? 本当に考慮すべき問題です。

日本のピアニスト・スミノ隼人(26)は本選には上がらなかったが、彼の演奏で史上最大のライブ視聴者数を達成した。 約90万人の登録ユーザーを持つ人気YouTuberです。 ソーシャルメディアを積極的に活用してコンテンツを配信する若い世代が変化の主役になるでしょう。

一方、芸術作品が生産される実際の場所の価値を再確認しようとする動きがある。

昨夏、東京下北沢地区に8つの公演拠点を置いた本田劇場グループは、東京の中心新宿エリアに新たな劇場をオープンしました。 本田信一郎団長は「劇場があって人々がたくさん集まるようだ。都市の魅力を高めるだろう」と話した。

ファンデミックの中で必死の措置として、グループは観客がいない場所で公演を生中継しました。 これは観客を確保し、遠い地域のファンとコミュニケーションできる道を開くという利点がありました。 しかし、グループはまだ実生活の楽しさを提供することに焦点を当てています。

若手アーティストと芸能界を支援しようとする人々の努力は促しますが、これらの努力だけでは業界全体のレベルを上げることは困難です。

イギリスの芸術支援に深く関わったイギリスの経済学者ジョン・ケインズは、科学者やビジネスマンよりも芸術家を優先しました。 これは芸術が社会を改善する可能性があり、非常に普及しているという考えから来ました。

コロナ19危機の中で、この新しい動きを支え、文化の多様性を保護するためには、公衆の支持も必要です。

アンゲラ・メルケル元ドイツ首相の演説が注目を集めた。 昨年5月の在任中、彼女は文化が私たちと私たちのアイデンティティを表現していると言いました。 彼女の信仰は、アーティストへの緊急支援を含む寛大な措置に現れました。

一方、岸田文雄日本首相は就任後の政策演説で地域文化芸術支援の強化をしばらく言及した。

富山県の演劇公演を全世界に伝えた演劇監督の鈴木忠は、「身体だけでなく心も弱まった」ファンデミックの中で、芸術と文化は「精神のための抗生物質」と指摘した。

日本で産業が回復するためには、中央政府と地方政府がポストファンデミック時代のための政策を組まなければならない。 芸術を支援することは人と社会を支援します。 これが求められる種類の儀式です。

21世紀の世界は、テロから自然災害、難民危機、気候変動、差別、貧困に至るまで、さまざまな困難な問題に直面しています。

文化と芸術を通して、人々の考えは他人の状況と人類の未来に向かっています。 また、人々が選ぶべき道を見つけるのに役立ちます。

芸術は人の心を癒します。 同時に、難しい時期に勝てる知識の力を育てています。 今年は芸術の重要性を再確認する一年になることを願っています。

READ  テニス:テニス - ドは、ルート、USオープンで優勝で初の車椅子ゴールデンスラム達成

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close