トップニュース

社説:日本の主な野党が「どちらか」アプローチから抜け出す時です。





日本立憲民主党(CDP)は去る7月参議院選挙で敗北した以後日本国会の第1野党地位が脅かされる中で新しい指導部を発足させた。

しかし、新しいラインナップを見ると、CDPの危機感が果たして大衆に伝わるのか疑問がある。 党が失った勢いを回復するよりもむしろ自分を守るために苦軍奮闘しているような印象を与える。

CDPの泉元田代表は依然として席を守っているが、党内では参議院選挙敗北に対する責任を負って辞退しなければならないという意見もあった。 事務総長に指名された岡田勝谷を含め、党の幹部職に長く勤務した議員が任命された。 これらの任命は、CDPが党統合を優先したことを示唆しています。

昨秋の挨拶改編で、泉は6人の女性を党の12の指導部に任命することで両性平等政党の姿を大衆に見せようとしました。

しかし最近の挨拶で西村千波事務次長を含め、女性役員はたった2人に過ぎない。 党はすでに理念から退いた。

さらに、CDPはどの反対勢力になるのかについてはまだ不安に思われる。 党は与党との対決と代替政策構想に焦点を合わせたより「提案中心の」アプローチの間で絶えず揺れている。

より対立的なアプローチを取ると、CDPは日本共産党(JCP)と協力するのに熱心です。 これとは対照的に、政党は提案ベースのアプローチを追求するときにJCPと協力することについてより慎重になります。 CDPの不安定な焦点は、この種の党内の紛争に直接貢献しました。

CDPがこれらの「2つのうちの1つ」の戦術を後にする時はありませんでしたか?

公的に政党が提案基盤の道を行くように支持してきた井水は、CDPが政府に対して「柔らかい」状態になったと彼の政党の内外から批判を受けてきました。

再びCDPの国会事務委員長を務めているJun Azumiが、公的に党がより対立的なアプローチを取ると明らかにしたのは、CDPがIzumiが好む戦術から後退しているという信号です。

しかし、このように揺れ続けると、挨拶シャッフルがあるたびに党が国民の信頼を得られないでしょう。

野党は何より政府を牽制しなければならない。 同時に党はいつか政府になりたい限り、国民に政策対策を提示することを避けられない。 つまり、対立と提案ベースの両方のアプローチが必要です。

しばらくは、日本政界と世界平和統一家庭連合宗教(旧統一橋)との関係をめぐる争点に焦点を当てている。 ところが党の中心柱となった岡田議員が教会系列新聞であるセカイニッポとインタビューをしたと明らかにした。 では、CDP は執権自民党をどのように指にすることができるでしょうか。 野党の立場はすでに物議を醸している。

CDPは、CDPの前身である日本民主党が設定した影の内閣建設計画である「次期内閣」フレームワークを取り戻す計画です。 CDPは、現政府の代替として、日本の将来のビジョンを継続的に提示しなければなりません。

READ  [리뷰]これが「求める声「プロクオリティのワイヤレススピーカーAIRPULSE「A300 Pro」 - AV Watch

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close