スポーツ

社説:日本の私立大学はスキャンダルに従ってガバナンス改革を受け入れなければなりません



大学の自律性を尊重しながら、どのように大学組織管理の透明性を高めることができますか? これは日本の私立高等教育機関の改革のための決定的な瞬間です。

私立大学スキャンダルが相次ぐと、文部科学省専門委員団が学校法人支配構造強化のための改革案を設けた。

この計画は、取締役会の代わりに、これらの機関の最高意思決定機関として取締役会を指定し、すべての受託者は教育機関の外部から来ました。 管理委員会の議決権は予算と事業計画にまで拡大され、取締役およびその他の学校関係者の選出においても発言権があります。

この計画は、情報開示の必要性を強調する。 金融機関が財務情報、事業報告書、理事選任計画などを積極的に公開することを促す。

しかし私立学校は教育・研究など経営に関する意思決定を外部委員だけにすることは難しいと反発している。 したがって、提案の具体的な設計は来年に繰り越されると予想される。

現行制度の下で、取締役会は、取締役会議長の諮問機関の役割だけを行う。 また、講師や教育機関に所属する他の人が取締役または取締役を兼任することも一般的です。 したがって、検査システムが十分に機能しないという指摘が出てきた。

実際に東京医科大学入試操作事件、信託法違反事件など理事長や理事の横暴を防げなかった事例が相次いでいる。 日本大学。 管理監督の強化が不可欠であることは間違いありません。

しかし私立学校では、外部の意見が教育と研究の方向を左右できるという懸念が出ている。

社会福祉法であるガバナンスと公益財団のガバナンスが教育機関改革のモデルとして取り上げられている。 そのような機関では、取締役と労働者は受託者になることを禁止されています。

しかし、大学は健全な精神に基づいて人材を育成する教育機関です。 彼らが育てた個性を尊重する必要があります。 また、最も大切にするべき学生の意見が経営に反映されることができる体系も確保しなければならない。

私立大学は中央政府から寛大な税制給付と私立学校補助金を受け取る。 彼らの経営を健全にするのは社会的責任です。 しかし、これを外部の力に頼ることは難しい。

大学はまず、自ら浄化能力とガバナンスを強化する立場を見せなければならず、政府改革はこのような努力を裏付けなければなりません。

READ  ジェームズ・ライアン(James Ryan)、ライオンズ損傷後の日本を相手に、アイルランドリード

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close