経済

社説:日本の野党CDPは、選挙公約が実行可能であることを明らかにされるはずです



日本最大野党である立憲民主党(CDP)は、10月31日衆議院選挙を控え、選挙公約を発表した。 今回の提案は、安倍晋三(安倍晋三)首相の2次政権以降施行されている「アベノミクス」の経済政策に批判的であり、社会的不平等を解消するための措置を強調している。

しかし、CDPは執権後短命政府だけ作動した今ではなくなった日本の民主党(DPJ)の先祖の否定的なイメージにもこだわっています。 CDPは、このイメージをなくし、再統治権を取得する準備がされた方法についての質問が残っています。

民主党前政権は、児童手当、現金の支払い、最低社会保障支払いの用意など、複数の政策公約を掲げたが、必要な資金の確保の問題で計画が失敗に終わった。 CDPは、これらの教訓を活用し、ポリシーが達成可能な方法を明確に表示する必要があります。

今回の公約には、年間所得1000万円(約8万8000ドル)以下の人々のための一時的な所得税の免除と低所得層のための現金寄付が含まれる。 CDPはコロナ19危機に式消費需要を再活性化するために、消費税を5%に一時的に引き下げすると発表した。



The Constitutional Democratic Party of Japan」s logo is seen in Chiyoda Ward、Tokyo、on May 16、2019.(Mainichi / Kazuhisa Soneda)

党は最も豊富な個人と企業のための最高所得税率引き上げ、法人税累進税導入し、国債発行などを通じて、これらの約束に資金を支援することを明らかにしました。 しかし、実際に必要な資金を確保することができ、これらの措置が経済に悪影響を与えるでしょうか? 完全な説明が不可欠である。

CDPは、日本を「中産階級1億人」の社会に想像していた20世紀後半の政策を「復興」と宣伝している。 消費を主導する中産階級の拡大の方向性を知ることができる。 しかし、日本の急速な経済成長と関連したこれらのスローガンは今日の人々に本当に共感できますか? これらの考えは、今日の様々な時代と両立することはできません。

岸田文雄(岸田文雄)首相が経済分配に特別の注意を払う立場だ。 与党と野党は有権者の心を捕らえるために総選挙政治に変質しないようにしなければならない。

CDPは、自民党(自民党)と異なる点は、エネルギー政策である。 原子力発電に依存しない社会を掲げ、2050年までに国全体の電力を再生可能エネルギーで生産するという野心的な目標を提示しました。 計画のための説得力のあるスケジュールが必要です。

CDPは外交安保政策を継続して、日米同盟に集中すると発表したが、沖縄県普天間米海兵隊飛行場を辺野古に移転することをオフにして、日本軍地位協定。 私たちは、党がこれらの目標を達成するためにどのような措置を取らなければか示すと思います。

与党と野党の両方個々のポリシーのみマイ立てればならない。 彼らは夢見る社会がどんなものかを明確に明らかにすべき。 日本が必要とするのは、将来を見通す議論である。

READ  Apple Watch Series 6の第一印象血中酸素測定機能と新しいバンドソロループに注目| TechCrunch Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close