トップニュース

社説:日本駐留米軍基地、国境管理システムの巨大な穴

日本駐留米軍基地でコロナ19が広がっているのは、ファンデミックに対抗するための国境統制システムに深刻な抜け穴を示すものなので、政府が即時の措置を取らなければなりません。

沖縄県は米海兵隊キャンプハンセンで日本人職員2人、アメリカ人民間人と彼女の日本人夫の間で4件のオミクロン変種ウイルス事例を発表しました。

基地はコロナ19クラスターにも対応している。 12月20日現在、新しく到着した海兵隊の循環部隊員のほとんどが計186人の事例が確認された。 当然、現政府はオミクロン事例と集団発症との関連性を疑っている。

しかし沖縄の懸念に米軍の対応は恥ずかしい。

地方政府が米軍に感染したこれらのうちオミクロン変異を有する人がいることを確認するために感染者のゲノム分析を実施するよう要請した後、基地には沖縄でそのようなテストのための装備がないと言われました。 都道府県が直接遺伝子分析を提案したが、米国管理者は個人情報を保護しなければならないという理由でサンプル提供を拒否した。

米軍は、試験が必要だと判断されたら、米国で実施すると明らかにした。 オミクロン変異の急速な広がりにより、世界的に問題となっている変異を確認するための遺伝子塩基配列分析が必要であることは明らかです。

米軍関係者は、最近配備された彼らが活動制限議定書によって基地外の地域住民と接触しなかったとして、クラスターが日本人口に深刻な脅威にならないと強調した。

しかし、4人の個人がOmicronの亜種を持っていることが確認されました。 米軍将兵が規則に違反した事例がたくさんあるため、新たな発症で地域住民が不安になるのは驚くべきことではない。

現政府は、米軍基地で働く日本人労働者に無料のPCR検査を提供し、健康状態を綿密に監視するように促します。 しかし、こうした努力は米軍の協力がなければ実効性がない。 私たちは、米軍が感染源を追跡するためのゲノム分析と疫学研究を通じて、オミクロン変異の広がりを抑制しようとする現政府を支援するよう促しています。

この問題は、岸田文夫首相の政治的リーダーシップに対する試験でもある。

政権はCOVID-19国境管理措置を強化することを約束し、先月末にはすべての外国人の日本入国を原則的に禁止した。 しかし、日本法は韓米両国の駐韓米軍地位協定による米軍兵士には適用されない。

キャンプハンセンに新たに到着した海兵隊は日本検疫所を迂回し、今月初め、米国から沖縄ガーデナ空軍基地に直航した。

米軍によると、これらのすべては日本に入国する前に陰性判定を受け、予防接種を完了しました。 しかし、日本政府は何よりも、彼らが必要な期間の間に自立したかどうかを確認しなければなりません。

駐日米軍に関する他の問題は沖縄ならではの問題ではない。 神奈川県横須賀にある米海軍基地と山口県岩国にある米海兵隊飛行場でもコロナ19が発生し、地域当局に報告が遅れた。

昨年、全国知事協会は、すべての関連情報を収集し、これを迅速に公衆に公開することが政府の責任であると述べ、在韓米軍基地の感染を予防するための措置を強化するよう促しました。

松野博和官房長官は、キャンプハンセンのコロナ19クラスターに対応し、「地域社会の不安を解消するために総力を傾けるだろう」と話した。

松野が沖縄に米軍の重い駐屯による負担を和らげるための措置も責任があるため、政府は国民の生命と健康を保護するための行動と言葉を一致させなければなりません。

– 朝日新聞、12月21日付

READ  日本の工場の雰囲気が3-1 / 2年の最高値を記録し - Reuters Tankan

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close