理科

社説:最高裁判所は、原子力安全を確保するために最善を尽くす国の義務を無視します

最高裁判所は、人命と健康だけでなく、環境にも不可逆的な被害を与えることができる原発事故を予防するために、政府が可能なすべての措置を取る責任があることを認めないようだ。

2011年の福島原発事故で避難民に対する政府の賠償責任に対する最高裁判所の6月17日判決は、そのような認識に基づいていたと違っただろう。

この決定はまた、公衆に代わって権限の濫用または責任の過失に対して行政を監視する司法省の役割の観点からも疑問視される。

合理的な反対意見

最高裁判所は、4つの都道府県地方裁判所に提起された訴訟を扱った判決で、福島1号機3次メルトダウン事故で家を失った人々に中央政府が賠償金を支給する義務がないと判決した。

災害9年前、地震研究推進本部は、日本本土東側に位置する日本海口近く、福島沖で地震が発生すると津波が誘発される可能性があると指摘しました。

規模9.0の東日本大震災による津波が政府庁が予測したものよりはるかに大きいという点を考慮すると、最高裁判所は政府が東京電力に命令を下しても事故を避けられなかったと判決した。 、被害を受けた工場の運営者が施設を保護するための措置をとります。

しかし、本当にそうだろうか?

福島避難民が提起した訴訟に対する一部の高等裁判所の判決は、防波堤を建設するほか、タービンビルをはじめとする主要施設を水密化した場合、三重メルトダウンを誘発した停電を防ぐことができた可能性が高いことに注目しました。 。

しかし、最高裁判所は防波堤以外の津波対策について深い議論がなされておらず、実際にこれを使用した事例もないと見た。

しかし、国内外の原子力発電所は、主要施設を少なくともある程度防水処理する作業を行っている。

そのような措置について議論がなければ、裁判所はそのような措置があったべきかどうかを評価しなければなりませんでした。

原子力発電所の運営者と原子力安全規制機関は、万が一の事態に備えて、最新の科学知識と安全原則に基づき、可能なすべての保護措置を取る義務があります。

原子力発電所の安全を担当するすべての主体が原子力安全に関する伝統的な考え方と措置に固執する場合、事故に対する責任を負わずにコストを削減できるという恥ずかしい概念を支持すると解釈される。

元検査である三浦真守(Miura Mamoru)大法官は反対意見を表明した。

彼は、重要な施設を厳密にすることは十分可能であると述べ、TEPCOが効果的な安全対策を講じていないことを認めた中央政府を批判した。

ミウラは、政府とTEPCOが当時の法と規則に従って機関が指摘したように津波の可能性を真剣に考慮した場合、事故を防ぐことができたと信じる十分な理由があると主張しました。

彼は政府が予期せぬ事件が発生したとしても責任が免除されてはならないと述べた。 この反対意見は完全に合理的です。

重い社会的責任

中央政府が賠償責任を負うわけではないが、事故による莫大な被害に対する社会的責任も無視できない。

最高裁判所は、すでに政府が被害者賠償を監督する委員会が定めた基準よりも多くの被害額を東京電力に支給するよう命令を出すことで、災害余波で自宅で強制的に避難した数千人の人々に対する補償問題を解決しました。

これらの現実に合わせて、既存の支払いガイドラインを修正する必要があります。

事故後、政府はTEPCOに報酬を提供し、TEPCOや他のユーティリティから数十年にわたってお金を徴収するシステムを作成しました。

このプログラムは、「原子力発電所事業者間の相互援助」システムとして正当化された。 しかし、事故後に作られた歪んだ論理に基づいてプログラムを正当化するという批判を受けている。

関野宏之(Kanno Hiroyuki)裁判長は、最高裁判所の判決に対する補足の意見で、原子力発展は政府が国家政策として推進していると述べた。

Kannoは、「大規模な原発災害の場合には、過失の責任があるかどうかにかかわらず、原則として中央政府が被害者に対する救済を提供する主な責任を負わなければなりません」と述べました。

民間セ​​クターユーティリティによる原子力発電を促進する政府の伝統的な政策は、必然的に責任問題を曖昧にする。

政府と発電所の運営者が賠償責任をどのように分担すべきかについての新たな議論が必要だ。

解決すべき問題はこれだけではありません。

放射性物質の汚染除去、損傷した原子炉の解体、被害地域の再建、人命再建など、福島に関連する広範な問題を解決する必要があります。生計。

政府はこの課題に対処する責任を忘れてはなりません。

災害以前の時代の回帰なし

避難民補償に関する裁判所判例は、主要電力会社と政府の談合関係を再照明した。

三浦は今はなくなった原子力産業安全庁が「責任を果たすために最新の科学知識を習得するために自ら努力することに決して専念しない」と話した。

彼は「規制権限を行使する責任がある機関が事実上なかった」と話した。

事故に対応して、より独立した原子力規制当局(Nuclear Regulation Authority、NRA)が設立され、原子力発電所の運転寿命に対する法的制限が40年に導入されました。

批評家は、NRAの安全審査が厳しすぎると文句を言います。 しかし、原子力規制機関や運営者の両方が以前に支配的だった方法に戻ることを許可してはなりません。

ウクライナ戦争による世界的なエネルギー危機の状況で、国家の炭素足跡を減らすとともに、安定した電力供給を確保するための手段として原子力発電を拡大しなければならないという声が高まっています。

既存の原子力発電所で生産される電力は比較的安価であり、原子力発電は温室効果ガスを排出しません。

しかし、原子力発電は放射性廃棄物をどのように処理し、重大事故による被害を受けるべきかなど、根本的に難しい問題に直面している。

政府は原子力発電所の安全を確保する責任を避けるために努力を続けてきた。

例えば、オフライン原子炉を再起動するかどうかの決定は、完全にNRAと関連する地方政府に任せられました。

このような問題を解決せずに原発の復活を要求するのは、災害以前の無責任な体制への回帰と同じだ。

2011年3月11日、惨めな原発事故は日本だけでなく世界を驚愕させました。

原発の役割とエネルギーの未来をめぐって、当時の公約と被害者の苦境を取り戻し、国民が直接討論しなければなりません。

– 朝日新聞6月18日付

READ  日本のアニメーションスタジオで制作したスターウォーズ選集

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close