トップニュース

社説:社会は日本の若い介護者に助けの手を伸ばす必要があります





日本で家族のための看護やその他の支援を提供する「若い介護者」の多くが小学生であることから、6年生を対象とした最初の政府調査が発見されました。

調査対象の学生のうち約15人中1人は家族の世話をしていました。 1年前に公開された中・高校生を対象とした別の調査でも、幼い世話の割合が似ていることが分かり、その結果、多くの人々が幼い頃から世話を提供していることが分かった。

最近アンケート調査対象学生の約70%が兄弟姉妹の世話をしていると答えたが、最も一般的な答えだった。 ほぼ20%が母親の世話をしていて、10%以上の父親の世話をしていました。 彼らが提供した助けは、家事から看護や世話まで、幅広いものでした。

アンケートは、そのような世話が学生の生活に影響を与えることを示しました。 約10%は一日平均6時間以上の世話をしていました。 世話をする時間が長いほど、学校に遅刻して成績が落ちるなどの問題に直面する可能性が高まりました。

子供たちが自分の意見を追加できる空間には「私が最善を尽くして世話していることを人々が認めてほしい」、「難しいことを他の人が理解してほしい。人々が聞いてほしい。私の気分に応じて」、 「脱出口が作られたらいいな」

幼い子供たちほど、自分の関心について誰に打ち明けられるかを知る可能性が少なくなります。 そして、一部の子供たちは明らかに家族の問題について話したくない。

子供たちが自分も知らないうちに重すぎる荷物を負って行くこともあります。 ある専門家は「周辺大人が気づくことが重要だ」と指摘した。

毎日、子供たちとコミュニケーションをとる学校が重要な役割を果たすことができます。 教師や他の学校のスタッフが定期的に学生に関心を持ち、会話をすることが重要であり、学生の悩みを聞くことができるカウンセラーや他の専門家が常駐することが重要です。

日本東部の西町縣は、青少年介護者が何であるかを説明する小冊子を小学生に配布し始めた。 生徒が誰かに話したいときに連絡できる連絡先情報と、懸念事項を書くためのカードが付属しています。

子供に支援が必要だと判断されれば、行政福祉課、医療機関と連携する必要がある。

大学生たちも今回の調査で初めて対象となった。 世話をするプロバイダーの一部は、選択した大学を変更したり、求人活動に制限を感じたりすることが判明しました。 彼らはまた、登録金の支払いについて大きな心配をしました。 若い介護者の年齢に合ったきめ細かなサポートが必要です。

子供たちは保護されなければならない発達段階で過度に重い荷物を負っています。 社会全体が彼らに助けの手を差し伸べ、支援メカニズムを構築しなければなりません。

READ  中国及び日本の競争の動向

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close