社説:量子技術は日本を科学技術国家に再建できる

Estimated read time 1 min read

量子技術を使った日本初のコンピュータに拍手を送ります。 これを構築することで、私たちは社会に革新をもたらす力を得ました。

原子や電子などの物質の最小の構成要素は非常に神秘的な特性を持っており、アインシュタインはこの理論を公に拒否しました。 人間がこれらの特性を活用し、技術にも使用できることは重要な成果です。


石川観光客バナー

量子計算を通じてより良い世界を想像する

コンピューティングの他にも、データ通信、強力な暗号化などに量子コンピュータが活用されると予想される。 しかし、技術が利用可能なレベルに達する前に取らなければならない基本的なステップがたくさんあります。 中村康信博士 日本初の量子コンピュータ開発を主導した理化学研究所(RIKEN)の研究員は次のように述べました。

私たちが貢献できる分野は非常に広いです。 私たちはさまざまな背景を持つ人々がこれを試してみたいと思います。

このプロジェクトには2つの目標があります。 第一に、量子コンピュータの実用化競争を主導している米国と中国も無視できない日本産技術があるという点だ。

二つ目は量子技術の活用において多様性と熟練度、経験を高めることだ。 実際の適用のための競争にとらわれず、2番目の目標に焦点を当てる必要があります。

量子技術
中村康信理化学研究所量子コンピュータ研究センター所長が日本初の量子コンピュータに対する記者会見をしている。 (©坂巻俊介の産経)

両者をスーパーコンピュータの強みに発展させる

日本は世界最高のスーパーコンピュータを保有している。 しかし、人工知能の発展と社会のデジタル化では様々な国に遅れている。 量子技術は性能や発展速度ではなく、どのように活用され社会に具現されるかに応じて産業競争力と国力が大きく影響を受ける段階が来るだろう。

量子技術を社会に活用して実装するための基本能力を育てなければなりません。 そうすれば米国、中国と競争できる。 もちろん、両方とも豊富な資金と人的資源を持っています。 大学と産業体でインターネットを通じて利用できる日本の量子コンピュータがこの過程の第一段階だ。

広告


カリコムバナー

日本の科学技術力は深刻な衰退に向かっている。 一方、国内ジェット機および有機電界発光産業の有望性により公的資金投入が行われている。 しかし、結果は事業の撤退と破産につながった。


石川観光客バナー

民間パートナーシップの拡大

閉鎖的な公共民間パートナーシップは、政府が限られた数の企業を支援することによって研究開発を促進することです。 しかしそれだけではアメリカ、ヨーロッパ、中国の先制ゴールを突き抜けられない。

量子技術は科学、産業、社会、日常生活にも幅広い影響を与えます。 同時に暗号通貨と軍事技術を発展させる鍵でもある。 また、少数の企業や研究者ではなく、多様な企業と多様な人材が国産量子コンピュータに接することができる環境を備えることも重要です。

もちろん中国、ロシアなど独裁勢力がこれを利用して覇権を構築することがないように注意しなければならない。

量子技術を核心として、山・官・学が協力する「開放型」民官協力ネットワークが必要だ。 さらに、そのようなネットワークを構築することは、日本が科学技術国家に再建されるために不可欠です。 そして国を活性化することが不可欠です。

関連:

(プライベートを読んでください。 日本語で.)

作成者:編集委員会、 産経新聞

広告


カリコムバナー
READ  日本の新しい火山島が再び爆発し、その劇的な爆発がカメラに捉えられました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours