神戸の「いじめゼロ」組織は、日本スポーツ界の申告式、言語暴力と対戦します。

Estimated read time 1 min read





谷口真由美(毎日/渡辺直樹)

東京 – 日本スポーツ界での申告式と言語暴力の根絶を目指す団体が去る3月、日本西部都市神戸で設立されました。

スポーツ嫌がらせゼロ協会谷口真由美会長は2019~2021年、日本ラグビーフットボール連盟理事を務めた後、元選手たちと共にこの団体を作った。 労働組合の嫌がらせ防止ホットラインは常に通話が多く、通常大学生や労働者で構成されたチームにのみ対応できました。 谷口は、学校や地域クラブのコーチに嫌がらせや言語的虐待を受けた場合、子供たちが誰に頼ることができるのか疑問に思いました。

谷口は「人権がスポーツの核心価値になることを願う」と話した。

谷口の父親は近鉄鉄道株式会社のラグビーチームコーチで、彼女は大阪府花園ラグビースタジアムにつながったチームホステルで育ちました。 学校スポーツクラブには、申告式に耐えれば人格が形成されるというイメージがあります。 「そんなことが「昭和(時代)の価値」と称賛され、私はそんな世界観に囲まれていたはずです」と谷口は回想しました。 日本の昭和時代は1926年から1989年までだ。

それ以来規範は変わりましたが、2012年大阪府立桜宮高校バスケットボールチーム選手がコーチングスタッフの体罰により自殺した事件と同じ一連の事件がありました。 しかし、教育者の間でより良い認識が必要です。

「怖くて痛い経験をすることになれば、どんな子供もスポーツを続けたいとは思わないでしょう」と谷口は言いました。

協会は今年7月からスポーツ嫌がらせに関する人権意識やその他の問題に対する入門級認証試験を提供する予定だ。 グループはいじめ対策専門家資格証制定、スポーツ団体等級制度などすべてが安全にスポーツを楽しむことができる環境づくりに努める予定だ。

「スポーツ界でもはや嫌がらせが起こらず、協会が解散する日が必ず来るでしょう」 それを固く念頭に置いて、谷口はその目標に向けて努力を続けています。

(鈴木秀夫、オピニオングループの日本オリジナル)

READ  [동영상]途中出場で1G1Aと逆のC大阪MF清武弘嗣。 終盤の驚くべきゴールは「丁寧に打とうと思って」| Goal.com
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours