スポーツ

神戸・全北自動車、アジアチャンピオンズリーグ進出

ソウル、韓国(AP) – ビセル神戸が木曜日、日本のライバル横浜F.マリノスを3-2で破り、アジアチャンピオンズリーグ8強に進出した。

Jリーグ順位は最下位3位だったが、埼玉スタジアムで開かれた2次戦で日本リーグ先頭を走っている神戸はとても良かった。

前半7分井野七星が神戸に先制ゴールを出したが、初めて8強進出を狙う横浜は西村拓馬の先制ゴールで素早く反撃した。

神戸は前半31分、佐々木大州がサネトユキのハンドボールを受け継いだペナルティキック地点で先制ゴールを打ち出した。

横浜のアンダーソン・ロペスの遅いゴールで赤字を絞ったが、神戸は試合を見なかった。

神戸は韓国戦で延長戦の末に大邱FCを2-1に折った全北自動車と8強戦で対戦する。

2回優勝を占めた全北は後半初めにソン・ミンギュを制圧して試合を主導した。 ブラジルのストライカーZecaが大邱のレベルに引き上げられた後、キム・ジンギュは延長戦の最後の瞬間に全北に勝った。

金曜日、日本のUrawa RedsはマレーシアのJohor Darul Tazimを、香港のKitcheeはタイのPathum Unitedと対戦します。

トーナメントは2つの地理的地域に分かれています。 引き分け西部2次戦は2023年2月までは行われません。

___

その他のAPサッカー:https://apnews.com/hub/soccerとhttps://twitter.com/AP_Sports

READ  パシフィックスコアボード:2021年12月10日

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close