神田と図案は日本ワールドカップ予選で召喚された。

Estimated read time 1 min read

ラツィオのミッドフィールダー・カマダ・ダイチ(Daichi Kamada)とフライブルクの攻撃者・リッツ・ドアン(Ritsu Doan)は、水曜日の2026年ワールドカップ2回目の予選の最初の2試合のためにサムライ・ブルーに召喚されました。

森康ハジメ監督は11月16日、大阪府杉田パナソニックスタジアムで開かれたミャンマーとのB組開幕戦と、ドットの後、サウジアラビア、ジェダのプリンスアブドゥラ・アル・ファイサルスタジアムで開かれたシリアとのB組開幕戦で全力を尽くしたチームをした。

日本はFIFAランキング18位、シリアは92位、ミャンマーは158位、サムライブルーが3月の同じ組で2回対戦する北朝鮮は115位だ。 9ラウンド2ラウンドのグループ上位2チームが最終アジア予選に進出する。

森康は記者会見で「二次予選はそれほど容易ではない」と話した。 「私たちは去るカタール予選でホームでミャンマーを相手に大きな勝利(10-0)を収めたが、遠征試合では2ゴールしか入れなかった」

「この組には最終ラウンドで対戦できるチームがあり、勝利のために努力するときに気をつけてはならないという心構えを忘れてはいけません。」

KamadaとDoanは、コンディション調整上の理由で、10月にカナダとチュニジアを相手にした日本のホーム親善試合に選ばれませんでした。 2試合前に棄権していたブライトンのウィンガーミトマカヲルとケルトのフォワード前田大前もサムライブルーに復帰する予定です。

ボルシア・ヒュンヘングラートバッハの擁護者イタクラコ、ケルトのミッドフィルダー・ハタテ・レオ、ランスの攻撃手中村慶人がすべて負傷した。

READ  インドオープン:バドミントンの世界最高のスターが国家最大のイベントのために集まります。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours