神秘的な植物の微妙な色の変化は、実際には新しい種です。

緑の葉と光合成はかつて植物の必須特性と考えられていた。 しかし、一部の植物は光合成を停止し、代わりに他の生物から必要な栄養素を摂取します。 そのようなmycoheterotrophic植物の1つは幽霊のように見えます。 モノトロファストルーム ヒュミル 東アジアと東南アジア全域で広く発見されています。 日光がほとんど入らない森林地帯で育つことが多く、カビの菌糸を食べて育ち、必要な栄養素を得る。 広範な分布にもかかわらず、以前はこの植物の一種だけが世界に存在すると信じていました。 しかし、SUETSUGU Kenji教授と同僚は、日本で発見された亜種が実際には新しい種であるという事実を発見しました。

それはバラ色のピンクの花びらとミルクガラスに似た茎を持っており、美しく超自然的な姿を見せています。 日本の鹿児島県霧島一帯で初めて発見され、新しい種と命名された。 モノトロファストルーム キリシメンセ

もともとこの新しい種は暫定的に色の変種として扱われました。 M. 謙虚、 ~として知られる M.謙虚 F. ローズウム。 したがって、これらの植物が正確にどのように異なるかを決定するために、幅広く多面的な20年の研究を始めました。 サンプルはベトナムだけでなく、日本、台湾全域で収集されました。

様々な分析の結果、以下の形態的差異が示された。 M.キリシメンセ 花と藻は花よりも丸い。 M. 謙虚、 そして、そのルートボールは周囲の土壌によってよりよく覆われています(M。 控えめの飛び出した根先)。 ミディアム。 キリシメンセ 個体は地上でより短く(5cm未満)、地上でより長い(10cm以上)。 開花時期も異なります。 M.謙虚 花は約40日早く咲く。 M.キリシメンセ。 2つの植物種は同じ一次水分媒介物質(土壌)を有するため 春バスダイバーサス)、これらの開花時期の違いは、異種特異的花粉沈着を減らし、同種交配を確保することによって、雑種の生産を防ぐことができます。

いくつかの他の考えられる理由があります。 M.キリシメンセ そして M.謙虚 別の種に進化した可能性があります。 1つの可能性は、彼らが他の真菌を供給することに特化して、生殖の隔離または一緒に子孫を生産することができなくなったことです。 このプロセスはリソース分割として知られており、共通の祖先から紙を進化させる主な方法の1つです。 mycobiontsの遺伝子解析結果 M.キリシメンセ 真菌の特定の血統と一貫して特殊な関連がありますが、 M.謙虚 様々な系統とつながっています。 したがって、本研究ではM. キリシメンセ 特定の種類の真菌に依存して、新しい種に進化した可能性があります。 実際、植物自体の系統樹(有機体集団の進化歴史の「家系図」)は、以下の遺伝的特徴を示しています。 M.キリシメンセ そして M.謙虚 2つのクラッドに分けることができます。 様々な特性に関する研究者の分析に基づいて明らかになった。 ミディアム。 キリシメンセ と区別される M.謙虚 外観、開花パターン、進化の歴史と生態学的関係の面で。 したがって、研究者は独立した種として認めなければならないと結論付けた。

全体的に研究グループは M.キリシメンセ 別個の種ですが、モノトロパストラム属の植物の理解も深まりました。 Mycohetrophic植物は生存のために特定の生態系に依存し、一般的に古い成長の森林に見られるので絶滅に対して非常に脆弱です。 新しく認識された種M. キリシメンセ、まれに絶滅の危機に瀕していると推定されます。 これは新しい種として識別されたので、それを保護するための保存努力を傾けることができます。 この研究は、生物多様性を十分に理解し保護するためには、統合分類法と呼ばれる様々な分析方法を組み合わせることが重要であることを強調する。 この作業は、スエツグ教授(神戸大学理学大学院)、SUYAMA Yoshihisa教授(東北大学農業科学大学院)、Dr。 Tian-Chuan Hsu(Taiwan Forestry Research)を含む多施設研究グループによって行われました。 学会)。 この論文は でオンラインで出版されました。 植物研究ジャーナル 2022年11月30日。

ストーリーソース:

材料 によって提供 神戸大学注:内容はスタイルと長さに応じて編集できます。

READ  銀河の中でフェルミ泡を上回る規模の巨大な泡構造を発見| sorae宇宙のポータルサイト
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours