エンターテインメント

福島、全日本決勝戦優勝で世界タイトル獲得

ベテランブレイクダンサー福島あゆみ(Ayumi Fukushima)が、土曜日の2024年のオリンピックデビュー戦が開かれるパリの全日本女子決勝戦で、同胞のゆあさあみ(Ami Yuasa)を破って世界チャンピオンに上がりました。

38歳の福島は、2019年第1回世界選手権大会で優勝した22歳の湯浅と決勝戦で日本も2位を占めた決勝戦で3-1で勝利しました。

日本の福島あゆみが2021年12月4日パリで開かれた世界ブレーキングチャンピオンシップで公演を行っています。 (刑務所)

福島は「本当に嬉しい。(勝って)びっくりした。最善を尽くすことに決め、決勝に進出した」と話した。 「金メダルを日本に持ってきてくれて嬉しい。3年後の(パリオリンピック)を眺めて頑張りたい」

世界ダンススポーツ連盟(World Dance Sport Federation)によると、フランスの首都シャトレ劇場(Theatre du Chatelet)には、50以上の国と地域から来た約200人の男女選手が舞台に上がった。

オリンピックメダル競技者としての資格証明を追加で提供したユアサは、銀メダルを獲得することができて嬉しいです。

彼女は「決勝に進出してすべてを注ぎ込んだことに満足する。観客のエネルギーを感じるのが楽しかった。(オリンピックのために)また来たい」と話した。

日本の青少年オリンピック銅メダリストの中井重之(Shigeyuki Nakarai)は、ブレイクダンスの最も有名なスターの一人で、同胞であるマタノ・トア(Toa Matano)と同様、男子大会で8人の1次予選で脱落しました。

ブレーキダンス、BMX、3×3バスケットボールなどの都市スポーツは、2024年夏季オリンピック期間中、パリ中心部のコンコード広場に特別に建てられた臨時スタジアムで開催されます。

READ  2021年12月Netflixに5つの新しい日本映画とシリーズを提供

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close