経済

福島が崩壊されてから10年後、この日本の地域は、海の放射能水という新しい悪夢に直面します。

嘘はしません。 2011年、日本の原発事故の中心にあった破壊された原発内部で入り、少し緊張しました。

10年の間に浄化作業がどのように行われているかどうか調べることができる貴重な機会でした。

しかし、内部に入って周辺をめぐり、心を整えることは、ここが今地球上で最も放射能が強いところということです。

私は放射線レベルが高すぎて買うことができなくて育った雑草が捨てられた家、車、さらには自動販売機などのすべてのことを妨げる福島の通行禁止区域にありました。

町全体が時間に凍りつくのを見るのは常に不気味な経験であり、かつては家と呼んだ人の話は同じ冷たいた。

私は責任を引き受けたのは今回が初めてです。

この地域の単なる言及はまだ全体の危険物質の訴訟で働く人々の群れの恐怖、不安や画像を呼び起こします。

しかし、私が知るたように、多くのことが変わりました。

日本の歴史上最も強力な地震とその道にあるすべてのものをさらった巨大な津波によって触発された、日本の最悪の原発事故が触発されてから10年が経ちました。

地震とそれに伴う津波でほぼ13,000人が死亡して、数十万人のホームレスとなり、原子炉が崩壊しました。(ロイター:朝日新聞)

しかし、3月11日災害による余震はこの部分を継続して振っています。 最近に起こったことは、わずか1週間前に発生しました。

日本の原子力災害現場はまだ活動のハニカムです

2011年津波が原子力発電所を襲ったときの電力を遮断して、結果的に3つの原子炉が冷却された。

その時点で海水に原子炉を氾濫させるだけでも、溶融を避けることができるように迅速に冷却することができました。

しかし、その決定は、原子炉を完全に破壊することを恐れため延期された。

政府が海水の使用を命令したときは手遅れです。 燃料が過熱して溶け出しました。

いくつかの原子炉が爆発し、爆発のねじれ残骸は、今日もまだ公開されています。

破損原子炉
福島第一原子力発電所で爆発した原子炉の中には過熱により爆発した。(ABCニュース:Jake Sturmer)

福島第1原子力発電所に到着したとき 私は放射線線量計を受け手袋、マスク、靴下三組が含まれているビニール袋を渡しました。

私は順番に口という具体的な指示を受けた。

アイデアは、放射性物質が私のズボンに入ることを防ぐことでした。 もしそうなら、管理者は冗談で私にそれらを残しておくと言いました。

準備ができたら、迷路のような道に沿って全身カウンタールームに移動します。

ここで私の体の内部の既存の放射線レベルを測定するスキャンを、1日を通してどのように多く露出された確認することができます。

ここでは、にぎやかな活動のハニカムです。 ここでは、数千人の労働者があり、多くの人が通る間に「サービスのおかげで」という日本語のフレーズである「otsukaresama deshita」と言います。

私たちは、発電所の運営者であるTEPCO(Tokyo Electric Power Company)のいくつかの関係者と同行して案内します。

防護服を着た男
福島第一原子力発電所の解体過程は、数十年の間に継続されます。(Supplied:Juntaro Ishikawa)

原発災害後の10年の間に、ここで多くの変化がありました。 放射性残骸があまり除去されて、工場の96%を一般的な服で歩くことができます。

事実私が受け取ったマスクと手袋は、汚れや放射線よりCOVID-19の保護に適しています。

800トンの放射性燃料を除去する長いプロセス

東京電力は、過去10年の間に3つの原子炉を冷却し、安定化して、最終的に内部にある溶けた燃料の残骸を除去し始めました。

800トン以上の高放射性の溶解した核燃料が含まれている破壊された原子炉の達すると汚染除去の努力に大きく関与している完全な保護装置を着用した多くの労働者を見ることができます。

危険物の三人
福島工場のオペレータに最大の課題は、百万トンの汚染された水をどのように処理すべきかです。(Supplied:Juntaro Ishikawa)

数歩だけ経過放射能数値が時間に80マイクロシーベルトから100に急増します。 同時に放射能警報が鳴りながら工場の中放射能が0.02ミリシーベルトを蓄積した通知します。

これは胸部X-線とほぼガトゴイ段階では心配がありません。しかし、私たちの心構えはここに多くの時間を送信しないと言います。

一部の専門家は、これは楽観的だと思うが、全体清掃作業には、30〜40年がかかると推定されます。

同社は、今年の高放射性の破片の除去を開始することを希望したが、コロナウイルス感染症が、これを防止することです。

TEPCOのYoshinori Takahashiは、「ロボットアームを使用して、2号機の燃料残骸物を除去する計画であり、その計画は、腕を作成し、英国でのパフォーマンステストを実行することでした。」と言いました。

「しかし、コロナウイルスが原因で、製造工程のテストが遅れました。 “

最大12ヶ月まで遅れることがあります。 しかし、これは東京電力が直面している最も緊急の問題はありません。

百万トンの汚染された水をどのように削除しますか?

放射能が高い溶融燃料に触れるすべての水の汚染されます。

水は60種類以上の放射性物質を除去するために処理されますが、高級液体処理システム(ALPS)は、水を完全に浄化していません。

東京電力によると、放射性元素である三重水素は、たとえ「低い」レベルだが、すべての保存された水の中に残っています。

現在120万トンの汚染された水が全体の発電所施設に渡って1,000個以上のタンクに貯蔵されています。 しかし、来年末までに戦車と現場がいっぱいになります。

グレーと白のタンクグループが水域の近くに並んで座っています。
汚染された水は、工場の1,000以上のタンクに貯蔵されます。(Supplied:Juntaro Ishikawa)

日本政府は、現在、次に何をするのか悩んでいます。

専門家パネルは、このを空中に放出するよりも、最も実用的な方法で海洋に廃棄することをお勧めし東京電力は、このを監視するが、より困難になるだろうと言いました。

Takahashi氏は、三重水素は、弱い形態の放射線であり、水が安全であるほど長期間にわたり限られた量で放出されると言いました。

しかし、東京電力が汚染された水を捨てることを提案する海で生計を維持する人には、これが彼らの評判に与える損害を恐れています。

ここでは、50年の間に福島海域で釣りをしてきた小野晴夫も含まれます。

水の放出が生計にどのような影響を与えるか心配している漁師

大野氏は、福島の魚が市場で売れないようにして価格を上げるために設計された政府の制限のために、週に数日しか釣りをすることができません。

核崩壊は彼の生活を破壊し、2011年から福島魚が安全である人々を説得することは大きな課題であったと述べた。

ボート釣りネットとロープの束を持って、赤い柔らかいコートを着た男
漁師大野晴夫氏は、福島原子力発電所が解体されているのを見ることができるよう、100歳になるまで仕事をすることを約束しました。(ABCニュース:浅田由美)

ほとんどの漁師は輸入不足をカバーするために東電から補償金を受けているが、彼は汚染された水が海に放出されると、産業が永遠に終わることを懸念します。

彼は「三重水素を放出しても大丈夫だったが、消費者はどのように考えるか。消費者が拒絶するので、魚を売ることができない」と述べた。

70歳の彼は計画に反対し、今後30〜40年の間に解体を直接見てみたいと言いました。

「100歳まで働くことです。 [the decommissioning] 心配おしく自分の目で。 “彼は言った。

「解体されると、美しい水が戻ってきます。

“[But] 30年の間に、毎日三重水素を放出する人々がそこで魚を購入すると思いますか?

「絶対そうは思わない」

小野は2011年3月の津波で弟とすべての財産を失い、その提案が福島にどのような意味があるか心配しています。

「福島はなぜ最も苦痛を受けるべき?」 彼は言った。

「私たちは、かつての被害者だったなぜ福島から解放必要ですか?」

東京電力は、世界の他の原子力発電所が既に三重水素を放出しているが、この地域周辺での釣りがあるかわからないと認めた。

福島は汚染除去がない未来を眺めます

工場南いわきの大川勝マーサの水産店で彼のビジネスは、原発災害の後、一晩の間に半分に減りました。

シンクで顔のマスクとエプロンフィレット魚を着た男
111年の間に事業をしてきた魚の店を運営する大川勝正氏は、原発事故が彼の利益に影響を及ぼしたと言います。(ABCニュース:Jake Sturmer)

10年かかったが、1910年からドアを開いた水産店は現在、事故前の水準の約80%に戻った。

福島の魚へのアクセスが制限されているので、大川氏は、世界中の農産物を販売していました。

しかし、彼は自分が販売した魚の安全性を証明するために継続して戦っています。

彼は、核事故の2ヵ月後の実験を開始した後、「福島産の魚は安全で放射能検査はまだ毎週実施されている」と述べた。

「今は放射能を示す魚を見つけるのは困難です。他の地域の魚とほぼ同じなので、人々が楽しむことができると思います。」

他の地域の住民と同様に大川氏は、できるだけ早く工場を閉鎖することを望んでいる。

だから、それは彼のビジネスを脅かすことができますが、彼は植物の汚染された水を海に放出するという考えをしぶしぶ支持します。

「私はどのような種類の損傷や否定的な要素を受け入れるべきだと思う」と彼は言った。

「原発から出たトリチウムことは、世界的に放流されるので、多くの方が理解していただきたいです。」

READ  小さなのに大画面。 iPhone 12 miniは、日本の需要に対応する5Gスマートフォン(シノ純也) - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close