理科

福島で母親の放射線の懸念を緩和するために収集されたデータ

2011年3月、福島第1原発崩壊後、福島医科大学放射線医学センター妊婦研究責任者である藤森ケイちゃんがしつこく言ったことかできる。

藤森は妊婦、新鮮な出産した女性は、新生児の放射線の影響についての確実なデータを提供することが重要であると強調し、「科学的に安全であると言うだけでは何の意味がありません。

崩壊後の新しい母親や妊婦の最大の問題は、「福島県で子供を産んで育てることが安全ですか?」です。

放射線が胎児に与える影響の恐れのために、女性が妊娠を避けることができないという懸念を考えるとFujimoriは、データが実際に安全であると確信できるデータを収集する必要があると断固ます。

福島県は、毎年健康調査の一環として、2011年12月に出産した妊婦の調査を開始しました。

また、妊娠22週で37週の間に早産したり、体重2.5kg未満で生まれた赤ちゃんと先天性奇形や奇形を持って生まれた赤ちゃんを追跡しました。 また、女性が妊娠や出産の心配を調査しました。

1995年阪神大震災によるストレスが妊婦、出産した女性、県内の赤ちゃんに与える影響について兵庫産婦人科学会と兵庫県医師会が実施した大規模な調査でアイデアが初めて出てきた。 。

レポートを読んだ藤森は、2011年3月に、災害発生の月後二人の医師を兵庫県に派遣して調査を実施した方法とその理由を研究しました。 兵庫医師が目指したのは、福島医科大学の医師が前例のない災害とその余波からママと赤ちゃんを保護することを望んでいたものと同じでした。

福島医科大学の医師はすぐに調査をどのように実行すべきかの草案を出しました。

彼ら実施した調査によると、福島で未熟児、低出生体重児、先天奇形や奇形で生まれた赤ちゃんの割合は、全国の数値とほぼ同じです。

しかし、医師が、福島で子供を産むことが安全であると繰り返し母に言っても安全だと感じないと藤森は言った。 藤森が目標とするのは、それを証明するデータを収集することです。

年間の調査は、部分的に電話で行われ、調査に参加した人々は、出産のために懸念を母に尋ねることができます。 2011会計年度に、回答者の29.2%が放射線を心配して、放射線が自分の赤ちゃんにどのような影響を与えるかについては心配と答えました。 この割合は、2018年度に3.4%で徐々に減少した一方、より多くの回答者は、全国の他の母親と同じように身体的、精神的福祉に懸念している。

過去の調査で放射能降下物の影響が明らかではないと判断した福島県政府は、3月に終了した会計年度に調査を終了することを決定しました。 しかし、彼らは最初の調査で母の御に対する後続の調査を実行するかどうかをまだ検討しています。

全国の他の地域と同様に福島県は、長期的に高齢化社会に直面しています。

藤森は「県災害と原発事故を経験したので、福島は、出産時の女性が安全で安心感を感じることができる十分な山システムを構築しなければならない」と述べた。

このセクションでは、現在の最大の新聞である福島民キャリッジ扱うトピックや問題を扱っています。 元記事は3月22日に公開されました。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  インドがアルテミス協定に署名するのですか?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close