経済

福島の教訓は、効果的な原子力規制の必要性

2011年3月11日、日本で記録された最も強力な地震が津波を起こし19,500人以上が死亡して23万人以上が移住した後、10年になりました。 1995年以降、日本の最悪の自然災害でした。 「東日本大震災」または「東北大震災」は、「福島原発災害」として、よりよく知られており、原子力の事件では、しばしば別添Aに引用されます。 はい、地震と津波は、福島第一発電所の3つの原子炉に致命的な故障を起こし、浄化するために数十年かかる放射能混乱を残し2,313人が死亡した大規模な避難を引き起こしました。 しかし、すべての恐怖物語の事故による実際の死亡者や放射線病の事例数は – 深呼吸 – 0です。 災害10周年を迎え、国連科学委員会は、放射線曝露に関連する健康に悪影響がないという事実を確認した。 原子炉事故で誰も死ななかった病気にかからなかった。

それがすべてありません。 普及した物語は、福島第一の3つの原子炉を含め、この地域の4つの原子力発電所に11個の動作中の原子炉がある言及をしばしば無視されます。 それらのすべては、自動的に終了されたが、福島の三人は、プロセスを完了していました。 60km離れたOnagawaの3つの原子炉が震源地に近づいて、より強力な津波を経験しているにもかかわらず、破損していない安全閉鎖された。 このいずれも福島事故がもたらした人命的、環境的、経済的被害、または実際に原子力発電所から発生するリスクを軽視することはありません。 見通しにのみ表現します。 私たちが持っているのは、事故直後、多くの西欧諸国で見たように、原子力エネルギーの膝ジャークではなく、安全性とガバナンスのより大きな関心を傾ける事例です。

技術と経済の冷静な評価は、原子力が気候変動への文明対応の一部である必要があることを示唆します。 国際エネルギー機関(International Energy Agency)は、最近の報告書で、風力や太陽光発電は、すでに化石燃料に比べて競争力がありますが、原子力は「2025年の推定コストが最も低いディスパッチ可能低炭素技術に残っている」と指摘しました。 再生可能エネルギーのコスト構造石炭とガスをデフォルトの負荷容量に置換するには、エネルギー貯蔵システムを含める必要があります。 現在の期待に基づいて、再生可能エネルギーの経済性が、時間の経過に応じて魅力的に変化しても、原子力はまだ低消費電力の重要な源となります。 炭素多様性インドは、燃料輸入に依存している国として、再生可能エネルギーへの投資が必要ですが、原子力を無視する余裕がありません。

世界で最も思慮深いエネルギーアナリストの一人ヴァーツラフしまう(Vaclav Smil)は、原子力が提供することができる能力にもかかわらず、大衆の支持を得られなかったことについて、「成功失敗」と言いました。 事実にもかかわらず、「福島」は、全世界で一つの単語からなる主張です。 新しい原子力発電所の建設についての議論を沈黙させるために。

原子力の毀損は、技術や経済の失敗がありません。 公共政策の失敗です。 その意味で、インドの2010年民事責任法は、原子力のより大規模な投資、技術革新と開発を防ぐために、独自のものはありません。 ほぼ全世界的な現象です。 福島事故後の10年間、この分野の世界的リーダーとなったロシアと中国を除いては、ほとんどすべての国が原子力産業の発展を妨げている法令や政策を採用しました。

インドは不利なグローバルな感情にもかかわらず、原子力への投資をよくしてきたが、その速度は予想よりも遅くなりたし、もっと重要なのは、産業ガバナンス構造が改革されていない状態で残っています。 2020年までに20,000MWの原子力を生産するという約束とは異なり、インドは現在6,780MWの運営能力を保有しており、これは、生産された電力の2.4%に過ぎません。 建設中の8つの原子炉のほか、政府は2031年までに22,480MWを目指し、12個の追加の原子炉を承認した。

Lok Sabha質問への回答で、政府は、この部門の国内外の投資を促進する計画はないと明らかにし、これは福島の教訓が、特にインドと関連があるということです。 その事故の原因は、規制捕捉と不実な監督による劣悪な安全文化から来ました。 調べでは、 “階層と黙認を強調して質問をしていない考え方」を非難しました。

インドの原子力産業が、近い将来のために政府が運営する場合は、ガバナンスを再構成することが重要です。 インド原子力施設と無関係な業界の規制機関と安全監査官の事例は、1995年から明確なっており、独立した国際専門家グループの2015年のレビューで繰り返しました。

Narendra Modi政府は昨年、宇宙部門で行ったように、民間原子力施設を再構築する必要があります。 政策立案者、規制当局、研究開発、商業オペレータを構造的に分離する必要があります。 安全のためには、より多くの、タイムリーに、より良い情報が必要です。 すべてが公共の領域にある必要はありませんが、効果的なガバナンス構造は、政府がその部門の状況について、より良い品質の情報を提供しています。

Nitin Paiは、公共政策研究と教育のための独立したセンターであるThe Takshashila Institutionの共同創設者兼ディレクターです。

購読 ミントニュースレター

* 有効な電子メールを入力してください

* ニュースレターを購読いただきありがとうございます。

READ  アジアCovid発症のMoody」s Analytics、2023年、FRB利上げ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close