理科

福島の最後の荒廃した村に何人か住むために帰ってきました。

日本で唯一残っている無人島である二葉(Futaba)の以前の居住者数人が、2011年の原子力発電所の崩壊による放射能の影響から依然として回復中であり、大規模な地震と津波のために強制移住されて以来初めて生活に戻ってきました。

当局は、他のほとんどの地域を安全と宣言し、過去10年間に広範な汚染除去努力を経て再び開かれました。

双葉では、悲劇が迫る前にそこに住んでいた7,000人の住民のうち、15人だけが今週に試験的に帰りたいと言いました。 日本北東部沿岸にある都市の本格的な再開が6月に予定されています。

大沼悠二はNHKテレビとのインタビューで「10年10ヶ月ぶりに水が出てくるのを見たのは初めて」と話した。 彼は今月末に村に戻り、生活を始める妻と子供たちと一緒に炒めた麺を調理し、食事をしたいと言いました。

彼は、近年、許可された週間訪問期間中に徐々に家を掃除してきた他の人と一緒に金曜日にしばらくの間一人でいました。

別の帰国者の八田洋一は、村の管理者が若者が戻ってくるように奨励するために、できるだけ人生を回復するために再建を推進することを望んでいると述べました。

彼らが住む村は、規模9.0の地震が発生した後、近くの福島第1原子力発電所が崩壊し、最大の被害を受け、双葉で50人以上を含めて約18,000人が死亡しました。

残りの人口のほとんどは、福島県の他の村に避難しなければなりませんでした。

移転中、多くの移住住民が新しい職業と地域社会の絆を見つけ、再び来ることに興味がないと言います。

東京夏季オリンピックを控えて聖火奉仕をする直前の昨年3月、清掃と再建を終えた双葉駅近くの小さな区域が週間訪問のために開通した。

井沢白馬市長は、デモリターンが「二葉村の再建の第一歩」だと述べました。 多くの村の住民がこの日を長く待っていたと確信しています。」

医療サービスもなく、店も十分ではありません。 現在の住民は、病院を探すために、または食品やその他の生活必需品を購入するために街を離れなければなりません。

伊沢は、6月に市の一部の禁止区域が正式に解除される前に十分な支援を約束しました。

より大きな収益の見通しは暗い。

双葉の登録居住者はすでに災害以前の人口でほぼ2,000人減少しています。 放射能レベルが安全な水準に落ちた後も、地域の農漁業は消費者と小売業者の間に残っている懸念で被害を受け続けています。

原子力発電所は数十年かかるプロセスで解体されています。 政府はまた、進行中の汚染除去努力による膨大な量の破片と土壌のための一時的な貯蔵所を建設しています。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートフィードから自動的に生成されます。)

READ  NICFI衛星データプログラムは、科学の発展と森林保護のために世界中で活用されています

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close