理科

福島の災害10年後、この看護師が地域の最高の希望かもしれない

Rina Tsugawaは姉と一緒に自転車に乗って村の距離を歩き、日本北東部の水田で魅了された子供のころを回想します。

姉妹は、福島県の村落で祖父が生まれた家で母親と祖父母と一緒に住んでいます。 10年前、福島が致命的な地震と津波に遭ったその恐ろしい日に、12歳の書き氏は内陸90マイルの学校にいました。 強烈な揺れが彼女の6年生の教室を揺るがす者彼女と彼女のクラスメートは、恐怖に震えて机の下に隠れていました。

その後数年の間に、彼女の多くの仲間たちが、東京と他の都市での仕事を思い出したが、これは日本の田舎でよく見られる流出が、福島の災害に加速された。 Tsugawa氏は、他の計画を持っています。 今月看護学校を卒業した彼女は、最終的に故郷に戻り、自分の養育を助けた高齢者の世話がる。

「子供の頃、私たちに多くのことをしました。」現在22歳のTsugawa氏は言いました。「この高齢者が長く健康を維持することができるよう支援したいと思います。」

日本は2011年3月11日9評価地震19,000人以上が死亡した福島を含む3つの県に集中的な被害を与えた、ほぼ100年で最悪の災害から回復する未完成事業と格闘しています。 今日まで、原子力発電所の近くのいくつかの都市は、人が住むことができない状態のままです。

福島では、現在進行中の核浄化と県の復帰のための努力が、別の災害を背景に行われました。 急激な高齢化と人口減少により、全国の村が空ジゴイ地域の大きな課題が複雑になりました。

2011年以来、福島の人口は、日本全体で2%減少したのに対し、10%減少しました。 65歳以上の住民は、全国的に約29%に比べて、福島の人口のほぼ3分の1を占めています。

山遠いところに位置する津川氏の村を取り囲んでいる西アイズは雇用が不足して生活が不便で 出生率 低い。 1950年にはほぼ20,000人でピークに達した都市の人口は6,000人に減少しました。 高齢化の居住者は、人口の半分に近く、医療従事者は、不足します。

福島が直面して扱いにくい負担は、日本の根深い人口統計問題や津波の波とそれに伴う核崩壊の直接的な影響に関するものはありません。 災害があったから10年が過ぎた今、県は簡単に削除したり、再構築することができない地域全体の汚れの評判の無期限打撃を受けています。

チェルノブイリと同様に、この県は、地震と津波の被害を受けておらず、海岸に近い地域よりもはるかに少ない量の放射線を受けた西会津のような地域まで被害を着せ核枯病の代名詞となりました。 この烙印は、この地域の人口減少を加速しただけです。

Nishiaizu市場であるTomoki Usuki(72歳)は、「これらは目に見えない損傷です。 「巨大で、建物の破壊よりも大きくすることもできます。 “

厳しい放射線検査にもかかわらず、この地域での米や野菜を販売しようとする地域の農民は、「すべての福島のブランドに属する」と消費者が汚染の可能性を警戒することを防ぐ。 中国、韓国、香港、マカオはまだ県で生産される農産物や魚の輸入を禁止しています。

日本の中央政府は、夏季オリンピックの期間中、福島を披露する計画を含む回復されている地域のイメージを投影するために懸命に努力しており、誤った情報により、退屈たと言いました。

「科学に基づいていない偏見と差別の撤廃は不可欠である。」 Katsuei Hirasawa災害後の10代の再建部長官はニュースブリーフィングで語った。 「福島産農産物は安全に関連する問題がないことを伝える必要があります。 “

放射線の背景レベルが県全域に落ち科学者たちは、短期のリスクを最小限に抑えると考えましたが、公衆衛生の長期的な結果について区分されます。

「私たちは、低放射線量への暴露の長期的な影響については比較的ほとんど知りません。 ティモシームソー、放射能汚染がチェルノブイリと福島の動植物にどのような影響を及ぼしたのか研究したサウスカロライナ大学の生物学者。

災害が近づいた時津川さんは祖父母がその日の午後遅くのテレビをオンにしたときにどのよう悲惨なことか分からなかった。 果てしなく広がるホラー映画のように、彼らは津波が海岸線を飲み込むシーンを見た。 翌日、彼らは原子力発電所で爆発を知りました。 水の壁が、原子炉の冷却システムを壊しました。

西アイズ住民は一度も避難していなかったが、津川氏は福島が汚染されたことを示唆しているニュース記事やソーシャルメディアの投稿を読み始めました。 「福島のすべての人々が危険だという噂がありました。」と彼女は回想している。 「そして彼らに近づくと、そこから放射線病にかかる可能性があります。 “

原発事故があってから約1年後、母書きがゆきが県外出張を去ったとき、誰かが運転していた車の横に「バカ」 – 「愚かな」という言葉を撫でた。 47歳の津川さんは福島ナンバープレートが理由なのか気と述べた。

彼女の大きな娘はいつか自分の家族を扶養することを希望する故郷の安全を心配していないと言いました。 「安全でない地域があるため、福島全体が安全ではないことを意味はありません。」と彼女は言いました。

高齢者の看護師になることを決めたTsugawa氏は県に必要なものを正確に提供しています。

日本全域での看護の需要が大きすぎ伝染病が発生する前に、日本は、長年の不寛容を緩和し、より多くの労働者を他の国で採用することができるようになりました。 福島には、すでに医師や看護師が不足しています。 県社会福祉課長Kiyoshi Hanazumiは、現在の傾向に基づいて、2025年までに、高齢者の医療従事者のニーズの約3/4だけ満たすことと述べた。

書き氏は3歳の時から看護師になりたいとした。 彼女の祖父は肺がんで入院し、彼の治療した医療スタッフの親切を観察した。

高齢者介護のための彼女の関心は、時間の経過に応じて発展しました。 彼らの母が西会津から福祉コーディネーターとして働く間、Tsugawaさんと彼女の妹Mana(19歳)は、おばあちゃんのHaruko Tsugawa(74歳)と一緒に近所を訪問しました。

“誰もがそれらに名誉孫に接しました」とTsugawa氏は語った。

2011年の災害があった1年後、矢部義弘(42)も、この種のコミュニティを取り戻したかった。 庭師矢部氏は、彼が生まれた西アイズに戻り家族を高めることにしました。

一時矢部さんは脱出を計画していました。 しかし、今、彼は故郷でも一般的な移住を戻したいです。

地震と津波が近づいた時Yabe氏は、カナダでのトレーニングを受け、米国で仕事を見つけることを希望しました。

「私は日本と世界のメディアを見ていた福島が汚染された県に分類されたものでした。」と彼は言いました。 「それでは、だれがここに新しいビジネスを作成したり、農業を開始したり、赤ちゃんを育てたいですか?」

矢部さんは、自分が戻ってきていると感じ、19代に渡って家族になってきた先祖の家に引っ越したし、味噌と醤油のための古い倉庫を改造して、小さな旅館に改造しました。

彼は地域の芸術センターを買収して芸術家レジデンシーを設立しました。 彼は過去8年間西アイズに生きるために60人を募集しており、いくつかの東京では、他のいくつかは、福島県から来たと述べた。

村は蘇生されていない。 矢部さんの家の近くで家の半分が残っていた。 8歳、3歳の娘を除いて、彼は近所で「私は末っ子だ」と述べた。

4月に福島医科大学と接続された病院でレジデントを開始した津川さんは、自分が育った西アイズの領土である杉山(人口21人)で、最年少の可能性が高くなります。

彼女の母親でさえ、元はNishiaizuでTsugawaと彼女の妹を育てる考えがありませんでした。 津川ユキは50マイル以上離れた郡山の技術大学に通い、結婚してリナとマナを生み出しました。 離婚した後にユキは、彼女が育った100年の木とスレート屋根の家で両親と一緒に帰ってきた。

ゆき津川は「私が結婚を維持した場合、おそらくほとんどの子供の頃の同級生のように西アイズを去った」と述べた。 “私は多くの場合、「うわー、誰も帰ってこなかった」と考えています。

認知症患者を専門的に世話たい言っRina Tsugawaは自分の村が生き残るため困難な場合があることを知っています。

「もちろん、私の小さな村が消えることを望んでいません。」と彼女は言いました。 「しかし、私たちが新しい人を誘致するために仕事をしても、実際には起こりません。 発展することは困難である。」

READ  [검은 고양이 심리 테스트]「秋のなければならない」ことが分かる!3兄弟の末っ子猫様は? - 占い・監修章月彩乃/原作イラスト犬飼ヒロ| ananweb - マガジンハウス

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close