技術

福島原発事故に使用されたワイト島の技術をドキュメンタリーで紹介 – アイランドエコ

日本の福島第1原子力発電所をきれいにするために、ワイト島で生産された技術が災害10周年を記念する主な新ドキュメンタリーに登場します。

ShanklinベースInnovative Physicsで開発されたHot Spot Locator(HSL)は、2011年の地震と津波による災害の後の汚染を検出し、等級別にするために使用された。 この事件は、1986年チェルノブイリ原発事故以来、最も深刻な原発事故を引き起こした。

賞を受賞し、この装置は、非常に敏感で、携帯可能で、高速かつ正確なので、放射能を迅速かつ安全に検出、識別、および除去することができます。 通常のビデオカメラとガンマ線を検出するための放射線検出器を使用して、エンドユーザーが画面から放射汚染を視覚化することができます。

この広告の下に記事が続きます。

それは福島の除染作業で継続重要な役割をしており、全世界的に、後続の注文をリードしてきました。

HSLだけでなく、Innovative Physicsは、日本国営放送NHKで100万人を超える視聴者に放映されたドキュメンタリーで、名前が確認された。

Innovative Physics CEO Mike Andersonは次のように言いました。

「この映画が日本で私たちをより認識し、当社の製品の能力を示すようになって嬉しいです。 これが私たちのHot Spot Locatorのためのより多くのお問い合わせや販売につながって、特に原子炉が解体されることによって、より多くのビジネスチャンスにつながると思います。

「これは私たちの会社とワイト島のための優れたプロファイルです。」

この広告の下に記事が続きます。

READ  COP26は地球温暖化を避けるのではなく、経済戦争について

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close