技術

福島浄化が2051年までに終了することができるか不確実性

東京 – 事故後10年が経過しても破壊された福島原子力発電所の破損原子炉内部の溶融燃料の知られてい少なすぎて計画通り2051年までに廃棄を完了することができるかどうかと言うことができると、国連原子力機関の管理が金曜日ました。

「正直に言うと、私しれません。 知っている人がいるかもしれません。」と発電所の浄化の進行状況を検討している国際原子力機関(International Atomic Energy Agency)チームの責任者であるChristoph Xerriが言いました。

彼は日本が解体過程のより良い長期的理解を得るために原子炉の研究を加速することを促しました。

2011年3月に発生した大規模な地震や津波で日本北東部の福島原発の冷却システムが破壊され、1986年のチェルノブイリ事故の後、最悪の原発災害で3つの原子炉がメルトダウンしています。 日本政府と電力会社の管理者は、30年以内に廃棄を完了することを希望すると言う一部の専門家は、完全な廃棄が可能であるが、これ過度に楽観的だと言います。

紀元後

最大の問題は、3つの破損原子炉で高放射性燃料の残骸を削除し、管理するものとIAEAの核燃料サイクルと廃棄物の技術部門の責任者であるXerriが言いました。

彼は記者に「今後30年の間に計画が期待どおりに完了することができるかを知るためには、燃料の残骸のためのより多くの情報と燃料残骸回収のためのより多くの経験を収集する必要がある」と述べた。

浄化計画は、長期間の保存と管理のために溶解した燃料をどのように処理するかにかかっていると、彼は言いました。

災害後の5番目であるIAEAのチームの検討はコロナウイルスの流行により、ほとんどオンラインで行われた。 Xerriと他のチームメンバーだけが金曜日に報告書を作成し、日本政府に提出する前に、今週の工場を訪問しました。

レポートでは、チームは2018年最終更新日以降、破損した原子炉の一つの貯蔵庫で使用済み核燃料を除去し、処理された大量の処理を開始することにした決定を含むいくつかの領域で進行状況を述べました。 2023年に発電所に保存された、まだ放射性の水を海に送信します。

紀元後

今では原子炉内部の溶解した燃料をよりよく理解しているが詳細はまだ不足しており、さらなる研究が迅速に行われると、レポートは言いました。 チームは、日本が廃棄が終わるまで、今後10年以上の措置を準備することができるように十分なリソースを割り当てることをお勧めしました。

Xerriは浄化に必要な新技術の研究開発は、10〜20年かかるだろうと言って、日本ができるだけ早く追加のリソースを適用することを促しました。

この報告書は、日本に溶融された原子炉の浄化だけでなく、全体の解体の全体的な計画とより明確最終状態図を準備することを勧告しました。

Xerriは「すべてのプロジェクトで目標を持って目標を持ってビジョンを持つことが重要です。」と言いました。

政府の管理と発電事業者であるTokyo Electric Power Company Holdingsは浄化作業が終了したら、発電所がどのように見えるの鮮明な画像を提供していません。

紀元後

日本は4月に事故の後、発電所に蓄積された処理された、まだ放射性である多量の水を海に放出し始めると発表しました。 東京電力は、放射性物質を許容レベルに低減するために追加処理した後、地下トンネルを通って海に水を放出する計画だと水曜日に発表した。

IAEAは肺を容易にし、水処理の監視および実行に協力することに合意した。 水処理に関する最初のIAEAの任務は、9月に日本を訪問する予定です。

著作権2021 AP通信。 すべての権利を保有。 この資料は、許可なしに出版、放送、書き換えまたは再配布することができません。

READ  Nuvoton Technology Corporation JapanとGreen Hills Software、安全安全なデジタル車のダッシュボードを提供

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close