トップニュース

私はプリンセスマコ、夫、アメリカで新しい生活を始めるために日本を去る

ゴムで元王女と夫がアメリカで新しい生活を始めるために日曜日に日本を去った。 母親と元婚約者の間の財政紛争のために結婚してから1ヶ月も経っていません。

どちらも30歳の夫婦は、東京羽田空港から小室圭が法律会社でローファームとして働いているニューヨークに出発した。 彼らの出発は、元婚約者が金曜日の夜、Kei Komuroとの出会いで「和解金」を受け取ることに同意したことが知られている紛争の明らかな解決によるものです。

2021年11月14日、ゴムロ元姫(右)と夫ゴムロケイが東京渋谷のアパートを出ている。 (刑務所)

皇室婚姻のための前例のない措置として、成人天皇の甥は紛争に対する大衆の不安の中で一般的な伝統意識をスキップし、納税者の​​お金で約1億5千万円(130万ドル)の一時払いを拒否しました。

1947年、皇室法は皇室後継者を家計に皇帝がいる男性に制限し、女性王族は平民と結婚する際に皇室の地位を放棄するよう規定している。

ゴムロマコは、婚姻届を出した日である10月26日、記者たちの前で演説をしたとき、ゴムロケイに留学と生活拠点の用意をお願いした人だと明らかにした。 海外」

この問題に精通した消息筋によると、Kei Komuroは5月にニューヨークのFordham Universityロースクールで法学博士号を取得し、Komurosはすでにアメリカの都市に住んでいます。

彼は3年ぶりに9月末に米国から日本に戻った。 結婚後、夫婦は東京コンドミニアムに住んでいた。

夫は7月にニューヨーク州の弁護士試験を見ましたが、失敗しました。 彼は2月に試験を受験する予定です。

夫婦とその家族が長年タブロイドとテレビトークショーの餌食になった状況で、文人皇太子の大娘も記者懇談会で「偽の情報が事実として受け入れられる事実が怖くて怖くて悲しい」と話した。 根拠のない話が広がった」と話した。

宮内庁は最近、彼女が夫婦と家族が受けた心理的虐待による複合外傷後ストレス障害診断を受けたと明らかにした。


関連範囲:

元姫真子、夫11月14日アメリカ旅行:出典

日本皇太子妃ギコ姫の父、川島達彦が今年81歳で別税した。

日本元姫の夫、ニューヨーク弁護士試験不合格:出典


READ  日本の2021年を苦しめる5兆ドル規模のモンスター

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close