スポーツ

秋山しょうご、アメリカの関心不足の後、日本に帰国

外野手昭和秋山は土曜日、テキサス・エルパソでサンディエゴ・パドレスのトリプルA系列会社から釈放された後、米国でオファーを受けられずに日本に帰ると話した。

2020年シーズンを控えて3年2,100万ドル契約でシンシナティレッズに加わった34歳のこの選手は、数日以内に故郷に戻り、次のチームを買い物すると言った。

「私はエージェントからアメリカの野球チームから提案を受けたことがないと聞きました。 次の決断をする前に日本に帰ります」と明山が語った。

アキヤマは、5回のオールスターと6回のゴールデングローブを受賞したパシフィックリーグのSeibu Lionsで、日本のプロ野球キャリアの9年をすべてプレーしました。 彼はまた、2015年に216のヒットで日本のシングルシーズン記録を破った。

2シーズンの間、142のメジャーリーグ戦で、彼は21打点とホームランなしで.224を記録しました。

レズは契約が1年残った状態で彼を放出し、パドレスは先月彼をマイナリーリーグ契約で署名したが、木曜日にエルパソによって放出された。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  「今は不可能である「日本のホストタウン、大流行のスポーツニュース、Firstpost "

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close