スポーツ

[秋華賞]あるリング戦術杉山牧師」ドアを5分に出てさえ与えれば力は出せ」/共同会見|競馬ニュース – netkeiba.com

「この言葉の力はただ最高」と話したデアリング前述の杉山トレーナー(撮影:花岡貴子)


デルリングの戦術管理する杉山晴紀トレーナー

– ここまで無敗で牝馬二冠です。
杉山は本当にレースを使用するたびに驚かさだけ。 この言葉の力はただ驚くばかり、のような感じでした。

– その非凡はいつから感じましたか?
杉山エルフィンSレースの内容を見て、この言葉は、今までに務めてきた言葉でも少し次元が違うんじゃないかというふうに感じました。

– 具体的にどこが違うのでしょうか?
杉山(エルフィンSは)新しい言葉の時とは違って、中間かなり速度が流れていて、新しい言葉の時だけ足を使用することができたらいいなと思いますが。 それよりも反応で楽に最後に良い脚を使用していました。 少し “これはすばらしい言葉だ」という感じでした。

 桜花はポジション取りは少し後ろにあったのですが、基数も位置選定に関係なく、とにかく足だけを収集クトジャンヌン正しく足を使用するという話はしていたので。 位置選定はあまり気にならなかったのですが、さすがに4コーナーを回ったときは前からかなり離れていたため、到着かな? という感じで心配をしていました。

– それでも挿入カットしました。
杉山その時も驚きがありましたが。 最後まで走ってしまった姿にはどのような意味感動すら覚えました。

オックスレース前に問題があると言ったしました。
杉山最初長距離輸送初めて左方向の最初の通り、いくつかの問題が多かったレースが。 すべてを克服してくれ、レース展開でも決して楽でない中で、最後の走行カットくれたので、本当に頭が落ちるか、すばらしいの一言でした。

– その後は北海道のノルマンディーの農場で放牧された。
杉山所有者サイドローズSを使用して秋華賞行くか、または直行で行くのか、という言葉は、もともとあったんですが。 あくまでその時の馬の状態を見て、最終的に直行することがより性能を発揮することができ、私は判断しました。

– 夏はどのように過ごしましたか?
杉山夏の間、また、成長を促進するという意味で、北海道のノルマンディーパーム氏に向かって上って活力を流すという期間を設けました。 その後、ノルマンディーの農場福島分章でウォンクッション置いてレット近郊の宇治田原側8月上旬に戻ってきました。

その後も予定通りだったんです。私は考えている以上に言葉をした車輪大きく成長してくれていたので、その成長に合わせた教育を与えるためには拍手を使用するよりも、ゆっくり乗って秋華賞直接向け方がいいのではないかと思いました。

– 帰厩後の姿は?
杉山初日は久しぶりの方、少しテンションが高かったが、2日目くらいから言葉、自然と落ち着いています。 まだカイバもよく食べてくれるので、最初から心に描いていた調整過程を言葉を淡々とここまでこなすもらいます。 今は心配な点はありません。

– 中間の​​調整は?
杉山これ元松山基数で追いかけ削減を3つから4つの消化することも予定通りですが。 1週間前までに正常に負荷を掛けるだけでかけるということがあった。 今日もやられ州なので坂でさらっと言うのも予定通りです。

さらにお母さんが大きくなっただけ体重でも、今も20キロ程度増加しています。 気性にスイッチが入りやすいところはまだありますが、まだ春先に比べるとかなり大人になったんだというふうに感じています。

– 今回の舞台は京都の内回り2000mです。
杉山内回りの2000mはもちろん初めてですが。 その点は松山騎手なので特に気にしません。

– 松山基数に全面的な信頼を置いているね。
杉山その言葉を最もよく知っているライダーであるので。 そして、再び失速には動く状態を適切に作成ライダーにバトンタッチするだけだと思います。

– 松山基数は枠はあまり関係ないと話しました。
杉山そうです。 ただし、オックスは私の目の枠を引いて少しタイト競馬されたため、中間程度が良いだろうというふうには思っていますが。

– 週末比予報だが、馬場状態で気になるところは?
杉山桜花ノアの馬場で、その足であるため、雨が降らなくてもというふうに考えています。

– 開業5年ぶりにこのような言葉を務めることになったのですが、緊張というか圧力というのはいかがでしょうか?
杉山決まったレースに良好な状態で出すとを毎日考えながらしているだけなので。 今私自身はそこまで緊張を感じないだろうけれども。 しかし、この緊張感というのはなかなかできないので、良い経験をさせてくれていると思います。

– 生産面での期待の声は?
杉山もうここまでくると、とにかく無事という考えは非常にされてきているので、もちろん勝利も重要ですが、とにかく無事に競馬に向かったいと考えています。

– レースのポイントは?
杉山ゲート歩目というか、開始次第でライダーが組み立てていると思いますので、まずゲートを5分に出てさえ与えれば力は出せるかと思います。 当然、力を出すことができれば、結果がついてくるではないかと思います。

– 無敗牝馬トリプルクラウン達成されると、史上初です。現在デルリングの戦術杉山トレーナーにどんな意味ですか?
杉山開業5年ぶりに、このような驚くべき言葉で再会を本当にありがとうございもできないことですが、多くの場合、生産側もそうですし、オーナーさんなど、本当に皆さんにお任せいただいている結果このように勝って、これはいるので、感謝してもしきれません。

– 最後に抱負を。
杉山春桜花オックス実際の使用について驚き競馬きたデルリングの戦術しが。 人夏越と言っ体面に大きな成長があり、その驚きを上回るような競馬ようにここでのレースまでしっかり調整していくので、応援よろしくお願いします。

(取材・文:花岡貴子)

READ  最新ニュース:日本の航空会社、乗組員の予防接種を開始

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close