科学は日本の福島で処理された放射性水の計画された放出を指示しなければなりません。

1 min read

By ムンドクグン

ワシントン、7月4日(連合) – 米国国務省は、火曜日に日本の福島原子力発電所で処理された排水の計画された排出について「科学が指示しなければならない」と主張し、計画された排出に対する支持を表明しました。

国務省の広報担当者は、日本の計画が国際原子力機関(IAEA)の検討と支援を受けたと強調した。

このような反応は、IAEA タスクフォースが日本が計画した福島原子力発電所の処理水放流が国際基準を満たしていると結論を下したのです。

ラファエル・マリアーノ・グロッシー国際原子力機関(IAEA)事務総長が2023年7月4日、東京で開かれた記者会見で、日本が福島原発で処理した放射能汚染水を海に放流する計画を検討していると明らかにした。 (連合)

広報担当者は、IAEAの検討結果についてのコメントを要請されたとき、「日本は2011年、福島第1原子力事故の余波に対して開放的かつ透明に管理してきた」と述べた。

スポークスマンは「日本が発電所の水貯蔵タンクで処理された水の一部を太平洋に放出することを考慮しているため、処理された水の放出に関する科学的な判断が下されなければならない」と付け加えた。

2年間の検討の後、IAEAタスクフォースは、福島原発から計画された処理水の放出が人と環境に及ぼす放射能の影響が少ないと結論付けました。

しかし、多くの人々は、放射性排水が処理後も長期的に深刻な結果をもたらす可能性があると懸念しており、一部ではIAEAタスクフォースが福島原水の安全性を独立して確認できなかった可能性があると主張している。

国務省の広報担当者は、米国はIAEAタスクフォースが「日本の処理水放流計画を公正し、事実に基づいて検討し報告するための継続的な努力」に感謝すると述べた。

タスクフォースチームは、多くの小さな島の発展途上国を含むすべてのIAEA加盟国と協議して開発したIAEAの核安全基準に基づいて、処理水の放流計画を評価し、高レベルの安全を構成する要素に関する国際的な合意を反映した。放射線の有害な影響から人や環境を守るために、」とスポークスマンは付け加えた。

「私たちは、日本が計画についてインド・太平洋地域全体の科学者やパートナーと協議したことを知っています。」

[email protected]
(終了)

READ  小惑星衝突、核ミサイルで停止することがあるという研究提案
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours