科学対政治:日本の捕鯨に関する誤解と偏見を破る

1 min read

(4つの部分のうち最初の部分)

捕鯨は明らかに議論の余地があるテーマです。 同時に、捕鯨は、再生可能な海洋海洋資源の合法的で持続可能な狩猟を含む合法的な狩猟活動であることを覚えておくことが重要です。

いくつかのクジラ種は過去の過度の狩猟からまだ回復していますが、他の種は豊富です。 80種以上のクジラがすべて絶滅の危機に瀕していることを示唆するのは単純な偽です。

1992年、国際捕鯨委員会(IWC)科学委員会は、絶滅の危険にさらされないように十分に豊富な種の捕鯨漁獲量制限を計算する方法を開発し、全会一致で承認しました。 これらの豊富な種の中には、日本が他の捕鯨国の間で狩りをしているミンククジラがあります。

当時、委員会委員長のフィリップ・ハモンド博士はこう書いていました。 「それゆえ、天然資源管理科学で最も興味深く潜在的に広範な章の1つが結論に達しました。 これで、委員会は、「モラトリアム」をオフにするかどうかにかかわらず、商業捕鯨の安全な管理のためのメカニズムを確立できます。

科学対神話

これらの科学的分析にもかかわらず、今日の世界のいくつかの地域では、捕鯨は野蛮であるか、少なくとも環境を破壊すると考えられています。 いくつかの国では、クジラを人間と同等の生き物と見なして、クジラの1匹を捕まえるという考えを容認しません。 (関連記事: 捕鯨は野蛮ですか? 日本批判は科学的根拠がない)

また、捕鯨がすでに国際的に禁止されているという誤った考えも粘り強く残っています。

科学と神話に対するこの両立できない視点の衝突は30年以上続いており、IWCで妥協点を見つけようとする繰り返しの試みはすべて失敗で終わりました。 捕鯨反対国家グループは、持続可能な漁獲量を支援する日本のような国に政治的、経済的、外交的圧力を加えながら、すべての商業捕鯨を終結させるよう努めてきました。

一方、十分な数の種の持続可能な捕鯨を支援する国もある。 これらの国々は、IWCが開発した科学的計算方法から導き出された漁獲量制限に準拠した漁獲物の再導入に取り組んできました。

持続可能な捕鯨を支持する国の立場から見ると、なぜ鹿やカンガルーなどの動物に対しては狩りが許可されますが、クジラに対しては狩りが禁止される理由を理解することは非常に困難です。 このため、一部では、捕鯨反対国の一方的な圧力とクジラに対する特定の価値の強要が、環境帝国主義または環境植民主義に該当すると主張してきた。

捕鯨をめぐる議論に関連して両側間の葛藤を引き起こすことができるいくつかの単純な仮定と誤解があるため、いくつかの事項を明確にしたいと思います。

1982年の商業捕鯨禁止令に対する誤解

最初のポイントは、1982年に採用された「商業的捕鯨に対するモラトリアム」の意味です。 国際社会では、これが商業捕鯨に対する国際的な永久的な禁止を意味するという認識が強いです。 それは間違っています。

捕鯨規制のための国際条約の10(e)項を簡単に読むと、猶予措置は商業捕鯨クォータを一時的にゼロに下げることを意味し、その間に科学的データを収集して分析できることがわかります。 。 このスケジュールは、この分析に基づいて新しい漁獲量制限を考慮して商業捕鯨を再開するプロセスを効果的にするように非常に具体的です。

クジラ狩りが環境を損なうという神話

クジラが絶滅の危機に瀕しているので、クジラを狩るのは環境に有害であるという長い批判もあります。

すべてのクジラが絶滅の危機に瀕しているなら、これは本当です。 しかし、実際には、IWC科学委員会が次のように分類したクジラ種がたくさんあります。 いいえ 危険 絶滅の。

同じ国 日本は漁獲量を賄うのに十分な数の種に対してのみ持続可能な捕鯨を支援します。明確に定義された漁獲量制限がある場合にのみ可能です。

モラトリアムの理由についての誤解

モラトリアムの採用は、商業目的の捕鯨に対する強力な反対を呼び起こした。 しかし、これを採用した実際の理由は捕鯨の商業性に反対するためのものではなかった。 むしろ信頼できない科学的データに基づいて捕鯨管理に反対することでした。

これを考慮すると、現在の商業捕鯨に対する継続的な批判は、論理的な誤った方向でしか見られない。

商業的でない、またはある程度の利益を求めていない人間の活動の例はほとんどありません。 商業的な理由で他の動物の狩りを許可しながらも捕鯨だけを商業的な理由に挙げる論理的な理由は見つけるのが難しい。

クジラの捕獲に対する反対感情の普及のためのシンボルとしてクジラの活用

クジラなど海洋哺乳類の保護は環境保全運動の象徴となった。

海洋哺乳類は海洋生態系で重要な役割を果たし、絶滅から保護することは明らかに重要です。 しかし捕鯨反対国家は鯨一匹でも捕獲することに反対する頑固な立場をとっている。

これは環境保全ではなく、動物保護主義です。 あるいは、動物保護主義という名前を借りて、他の動物よりもクジラに特別な価値を与える全く異なるものかもしれません。

によると 専門家共同研究 米国とカナダでは、1990年から2009年の間に少なくとも114カ国で少なくとも87種の海洋哺乳類が消費されました。 これらの国のうち少なくとも54カ国では、経済的利益のために海洋哺乳類を狩りました。 クジラを含む海洋哺乳類が世界中で広く消費されていることは明らかです。

不寛容のためIWCが崩壊した。

IWCは以下の組織に変貌しました。 異なる価値の共存を受け入れることができない。

捕鯨は、IWCのメンバーであるノルウェー、アイスランド、アメリカ、ロシア、デンマーク(グリーンランド)、セントビンセント諸国で行われます。 IWC自体の目的は、これらの捕鯨活動を管理することです。 しかし、クジラをまったく狩ってはならないという主張により、このような捕鯨管理は単純な否定に変わってしまった。

クジラは現在進行中であり、今後も続くでしょう。 国連海洋法条約でも要求される捕鯨管理が必要である。 IWCは、2018年9月の第67回会議でこの責任を放棄したと宣言しました。 これが日本がIWCを脱退する主な理由です。

クジラ資源を責任を持って管理しようとする日本の意志

日本が国際社会に背を向けたり、無制限にクジラ捕獲をするという意図ではない。 実際、クジラを持続可能な海洋生物資源と見なす他の国もあります。 さらに、特定のクジラの種が豊富で、既存の資源を損なうことなく狩ることができるという科学的研究もあります。

一方では、国際法に基づいてクジラ資源管理が必要ですが、IWCは現在これを拒否しています。 一方、日本はクジラ資源の責任ある管理のためのシステムを施行する義務があると信じています。

IWCを脱退することは国家の目標でもなく、捕鯨論争の終結でもありません。 むしろこれは、この貴重な持続可能な海洋生物資源の責任ある科学的管理のための新しいシステム構築の始まりです。

(この記事は学会と協力して掲載されました。 クジラ研究所 (ICR)日本。 コメントセクションであなたの考えを聞いてください。)

作家: 森下ジョージ

(翻訳者: ジェイアラーバスター)

READ  日本のアニメーションスタジオで制作したスターウォーズ選集
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours