理科

科学者たちが、3Dプリントされた和牛ビーフを作成し、実際の取引のように見えます。

ステーキをどのようにいかがですか? レア、熟したステーキ、3D印刷中に何をしたいですか? まあ、日本の科学者たちのおかげで、世界初の3Dプリント和牛牛肉を作ることができたので、これはこれで合法的な質問がされました。 信じられないかもしれないが、大阪大学の研究者は、実験室で作成されたステーキが世界的に有名な和牛牛肉で作ったステーキと非常に似ていると言います。 これを達成するために、チームは和牛牛から幹細胞を分離しました。 次に、この幹細胞を培養して、筋肉、脂肪、血管細胞に移行しました。

3Dプリンティング技術の助けを借りて、これは霜降りまで正確で、実際のステーキと同様の3次元スタックに変換されました。 霜降り肉に豊かな風味と独特の質感を付与するため、ほとんどの肉目利きと食品の専門家が注目する部分です。 和牛牛肉は、まさにこの霜降りで、世界的に有名です。

によると、 Nature Communications誌に掲載されたステーキの直径は5mm、長さは10mmです。 「この研究では、42個の筋肉、28個の脂肪組織、2つの毛細血管で構成され、合計72個の繊維を腱 – ゲル統合バイオプリンティングで構成して、手動で組み立ててステーキのような肉を製造しました」と説明しました。

開発について話しながら執筆者カン・ドンヒは言いました。 氏名、「和牛の組織学的構造を青写真に三線維、脂肪、血管などの複雑な構造をオーダーメイドで製作することができる3Dプリンティング方法を開発した。 “

これ食品と肉の製造部門に意味するところは何ですか? より持続可能な未来のスタートになることができるとチームは説明しました。 カン・ドンヒ常務は「今回の作業は、既存の製品に近い広く普及した培養肉にも持続可能な未来を開くために役立つだろう」と述べた。

似たような文脈で上級者Michiya Matsusakiは、技術を向上させると、脂肪と筋肉の構成要素を微調整するのに役立つだろうと付け加えました。 チームはこれ人々が食べたい培養肉の種類についての情報に基づいた意思決定を下すのに役立つだろうと説明しました。 技術のさらなる開発は、ユクシクガがお好みの量の脂肪、味と培養された肉の健康パラメータに基づいて、何を摂取したいのかを検討するのに役立ちなるでしょう。

この発展は、「培養肉倫理、経済、環境、健康など、すべての面で多大な注目を受けた時期に行われた」と新聞は伝えた。 この技術は、現在実行されている家畜の飼育技術が気候変動と人口爆発の観点から持続可能でないと見なされる時期に、より多くの関連性を取得します。


Galaxy Z Fold 3とZ Flip 3はまだマニアのために作られましたか? それとも両方に十分ですか? 私たちは、Gadgets 360ポッドキャストのOrbitalでこれについて議論しました。 Orbitalは次の中から使用することができます。 アップルポッドキャストGoogleポッドキャストスポーティーパイアマゾンミュージック ポッドキャストをどこでも得ることができます。
READ  スマートフォーム素材で、ロボットの手に自己修復機能を提供

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close