科学者たちは日本の海底で最も深い魚を撮影します。

1 min read

(CNN) 海底のすぐ上の8,336メートル(27,000フィート以上)から巡航する若いスネイルフィッシュは、北太平洋の深淵を探査しながら科学者が撮影した最も深い魚になりました。

西オーストラリア大学と東京海洋科学技術大学の科学者たちは去る9月、日本の沖合い深い海口で海ロボットが撮影したスネイルフィッシュ映像を日曜日に公開しました。

最も深いスネイルフィッシュを撮影するとともに、科学者たちは8,022mで他の2つの標本を物理的に捕獲し、最も深い漁獲に関する別の記録を立てました。

以前に発見された最も深いスネイルフィッシュは2008年7,703メートルであり、科学者たちは8,000メートル以下で魚を採集することができませんでした。

探検を導いたMindell-UWA深海研究センターの創設者である海洋生物学者アラン・ジェイミソン(Alan Jamieson)は、「重要なのは、特定の種類の魚が海からどれくらい下がるかを示す」と述べた。

この2匹の魚は、北太平洋の日本海口から8,000mが少し以上の深さで捕獲されました。

科学者たちは、世界で最も深い魚集団のための10年の研究の一環として、日本の沖の塹壕で撮影しています。 スネイルフィッシュはLiparidae familyに属し、ほとんどのスネイルフィッシュは浅い水に住んでいますが、他のものはこれまでに記録された最も深い場所で生き残るとJamiesonは言いました。

昨年2ヶ月間の調査で、3台の「着陸船」(高解像度カメラを搭載した自動海上ロボット)が日本、伊豆・小笠原、琉球海口など様々な深さの3つの海口に落ちました。

Izu-Ogasawara海口で最も深いスネイルフィッシュが海底で他の甲殻類とともに落ち着いて回っているシーンが映像に表示されました。

ジェイミーソンは、この魚を子として分類し、より若い深海スネイルフィッシュは、浅い深さで泳ぐより大きな捕食者に捕まることを避けるためにできるだけ深い場所にとどまることが多いと述べました。

同じ海口で7,500〜8,200メートルの間で撮影されたもう一つのクリップは、海底ロボットに縛られた餌をうっとりと食べる魚と甲殻類群集を示しました。

捕獲された2匹のスネイルフィッシュの画像 – 次のように識別される Pseudoliparis belyaevi – 深海生物種が極端な環境で生き残るのに役立つユニークな特徴を見ることはめったにありません。

彼らは小さな目と半透明の体を持っており、他の魚が水に浮かぶのを助けるブレが不足して有利に働くとJamiesonは言いました。

教授は、太平洋は海洋生物がより深く入るように奨励する暖かい南海流のために活気に満ちた活動に特に役立つが、豊富な海洋生物は底餌を食べる動物に良い餌供給源を提供すると述べた。

Jamiesonは、科学者が深海に住む生物についてもっと知りたいのですが、コストが制約であると言って、各着陸船を組み立てて操作するためにのみ200,000ドルの費用がかかります。

「問題は、技術が高価で、科学者がお金があまりないということです」と彼は言いました。

READ  「熱ボタンに唾 "恐怖のコロナテロウル画策する白人至上主義者たち、ロシアの組織と共同で「軍事訓練」も| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours