科学者たちは暗闇の中で輝く3匹の新しい海の虫を発見しました。

1 min read

グループ 研究者 日本で文字通り暗闇の中で光を放つ3種類の新しい海の虫を発見しました。

青紫色の光を放つ新しい生物発光Polycirrusワームは、日本中部のNagoya Universityのチームによると、影響力のある海洋生物学者だけでなく、日本の民俗に出てくる生物の名にちなんで命名されました。

生物発光は、生物の体内で光エネルギーを生成する化学反応の結果です。 スミソニアンオーシャン。 反応が起こるためには、種は酸素と反応して光を生成する分子であるルシフェリンを含まなければなりません。

世界には7,000種を超える生物発光生物がありますが、科学者たちはごく一部しか研究していません。 名古屋大学科学大学院の2人の科学者が率いる研究チームは、一部の種は分類が非常に難しいため、科学は特定の種に限られていると述べました。

GLOWING REVIEW:生物発光の美しさを探る

「このような発光メカニズムを理解することは、医学および生命科学の研究に貢献します。生物発光は興味深く珍しい化学の報告です」。

— 研究著者ジミナオト

研究者であるNaoto JimiとManabu Bessho-Ueharaは、これら3種の両方が水中環境で青紫色の光を発することを発見しました。 Jimiは、彼らがその発見に驚いて、それらを文書化して分類する必要があるという義務を感じたと言いました。

「Polycirrus属の発光の私達の前の研究はそれを生物発光研究のための貴重な主題として確立しました」。 Jimi 声明で言った。 「しかし、私たちは後にポリシラスの単一種であると思ったのが実際には3つの異なる種であることを発見しました.」

魅惑的なビデオはオーストラリアの生物発光水の上で踊る鮮やかなオーロラを示しています。

結果は 3月29日 Royal Society Open Science ジャーナルに掲載

悪魔、幽霊の名を冠した新しく発見された海の虫

日本のさまざまな地域で発見されたワームを発見した後、研究者たちは日本の名前を付けることにしました。

3種のうち2種が命名された。 ポリシラス・オニビ そして ポリシラスアオアンドン 青紫色のルミネセンスへの参照としてチームは言った。

日本の民間物語では、オニビ(「悪魔の火」)は、小さくて浮かぶ光の球状の鬼のようなタイプの妖怪を描き、山や森で旅行者を間違った道に導くと信じられています。 研究者。

一方、アオアンドン(「青灯」)は、角と鋭い歯のある白い着物を着た女性の姿で現れる幽霊のような妖怪です。 光を不自然な青色に変え、日本の家庭で発見されるランタンを悩ませるとチームは言った。

「真の魔法の形」:輝く真菌は、暗いワシントンビーチに沿って超現実的なネオンシーンを作成します。

3番目のワームの名前は ポリシラス池口 日本の著名な海洋生物学者であり、元海洋生物学研究所長の池口新一郎を称えるために 能登島水族館

研究者たちは、潜在的に新しい技術開発につながる可能性があるバイオルミネセンスの分子特性の理解を深めるために彼らの発見を使用したいと考えています。

Jimi氏は、「3つの新しい種すべてが発光性であるという発見により、分類学的および生態学的発見を結びつけ、他の人々が発光性生物研究に容易に適用できる研究を確立できるようになりました」とJimiは言います。

「このような発光メカニズムを理解すれば、医療・ライフサイエンス研究に貢献するだろう」とジミ氏は付け加えた。 「生物発光は興味深く、珍しい化学の報告です」。

この物語はシンシナティで報道されました。

READ  月の土は月宇宙飛行士のための空気および燃料に変えることができます
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours