理科

科学者たちはiPS、ES細胞で胚盤胞を再現します。

科学者グループは、誘導万能幹細胞および胚性幹細胞においてヒト胚盤胞モデルを成功裏に作成した。 彼らは着想の初期段階を再現し、研究は不妊とその治療のより多くの理解を得ることができると述べた。

この研究は、オーストリア科学アカデミーの分子バイオテクノロジー研究所のグループを含む多くの研究者によって行われました。

科学者たちは、ヒトの子宮細胞で培養された再生された子宮壁にblastoidsと呼ばれる細胞モデルの移植を観察したと言います。

イギリスの科学雑誌のネイチャーはこの記事をオンラインで運んだ。

科学者たちは、iPS細胞と胚性幹細胞を培養して、受精後5〜7日後に胚盤胞に似た胚盤胞体を作った。

胚盤胞は、サイズとその段階の遺伝的性質が自然の胚盤胞に似ています。

科学者たちは彼らの機能が似ていると信じています。

彼らは、生命科学に関する国際倫理指針に従って修正13日後に培養を中断しました。

オーストリア科学アカデミー分子バイオテクノロジー研究所の香川春信研究員は、その結果、IVFの成功率が増加し、人々が妊娠をより正確に計画する機会を開いたと言いました。

READ  日本、COVID-19の予防接種のために海外に向かう学生の優先順位

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close