スポーツ

空手中部負傷、ドイツ魂金希望終了

東京、8月7日(ロイター) – ドイツで金メダルを期待ジョナサン魂(Jonathan Horne)が土曜日空手の「來未て(kumite)」スパーリング大会で右腕を痛め畳で起こることができなくなって脱落した。 担架。

ジョージア州のGogita Arkaniaと試合が約20秒残った時+ 84kg kumiteイベントの現在の世界チャンピオンであるHorneはマットの上に倒れて医療陣が彼の横に突進しよう苦痛にもがいて悲鳴を上げた。

彼の負傷の性格はすぐに明らかではないでした。

+ 75kg大会でHorneが出発して、次のドイツと対戦する予定の日本のRyutaro AragaがA組の準決勝に進出し、トルコのUgur Aktasが続いでした。

空手のデビューオリンピック大会最終日は女子代表で5番目、日本空手カー脱落し早期に開始され、アラ行くホームの選手が來未てからメダルを取る最後の希望となりました。

女性+ 67kg階級でAyumi Uekusaは予選で2勝4敗東京オリンピック出場を終えました。

29歳のAさんは、記者団に「監督を含めて自らの役割をしてチャンピオンになりたかったが失敗しても申し訳ありません」と涙を流しながら語った。

「今回の五輪で自分自身をあまりたなったので、今から私は何をするのかを考えることができません。」

植草は、オリンピックを控えて口笛を吹いて、メディアの注目を受けて、特に難しい試合を繰り広げました。 いじめの年 日本の空手も連盟の高位メンバーと訓練中の竹の棒を無断で使用して重篤な眼損傷を負った。

その管理は、後で強制的に辞任した。

女性準決勝は、アゼルバイジャンのIryna Zaretskaと中国のGong Li、エジプトFeryal Abdelazizと、カザフスタンのSofya Berultsevaの試合です。

競争相手が仮想相手と守備と攻撃の形で記録するソロ “カタ”部門で、日本は男性と女性のイベントでそれぞれ金メダルと銀メダルを取った。

ギムチャンラン記者; Himani SarkarとToby Davisの編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Hartleyのスポーツショーツ; 5月6日

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close