空軍、日本オスフリー残骸で遺体5体追加発見

Estimated read time 1 min read

米軍は先週、日本南西部で発生したオスプリ(Osprey)墜落事故で遺体5区をさらに見つけたと月曜日に明らかにした。

船舶と潜水部で構成された捜索チームは去る11月29日、日本屋久島近くで墜落したCV-22オスフリー航空機の主要胴体とともに遺体5球を見つけました。

今回の発見は、8人で構成されたチームが離陸した航空機でオスフリー乗務員の遺体のうち6球が現在回収されたことを意味します。

先週、瓦礫からの遺体が回収されました。 軍隊 その人を確認した 週末の空軍参謀Sgt。 日本の横田空軍基地に本部を置く第43情報大隊に配置されたマサチューセッツ出身のジェイコブ・ガリハー(24歳)。

空軍特殊作戦司令部は、チームが残りの2区の遺体を捜索し続けていると述べた。

関係者は声明を通じて「群島家族扶養のための専門支援派遣に乗り出した」と明らかにした。 「全体の乗組員の位置を特定し、回復するための努力が続く中、この悲劇的な出来事によって影響を受けた家族と愛する人々のプライバシーは依然として大きな懸念のままです。」

オスフリーの墜落事故のため、日本はハイブリッド航空機のすべての非緊急飛行を中断しましたが、アメリカは乗組員が残りの遺体を調査している間、当分の間それを引き続き使用しています。

ヘリコプターのように離陸しますが、より速いスピードで巡航できるオスフリーは、通常、特殊部隊を輸送するために使用されます。 この航空機は、2016年に日本で発生した別の衝突を含む継続的な衝突問題に直面していました。

最新のニュース、天気、スポーツ、ストリーミングビデオを見るには、The Hillをご覧ください。

READ  日本スタートアップ、中国地理電気自動車で車両サービスを提供
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours