世界

窮地トランプあおる「不正選挙」談話日本でも「投票率100%を超える」など塊情報は:J-CASTニュース[전체보기]

日本時間の2020年11月4日の朝に開票が始まった米国の大統領選挙で共和党のドナルド・トランプ、米国大統領(74)と民主党のバイデン前副大統領(77)の接戦が続いて “空中戦”も活発化している。

バイデン氏が激戦州ウィスコンシン州のミシガン州での勝利を確実にして獲得した選挙人の過半数270人を目の前に迫ってきた。 この前後する方法で投票で不正行為が行われたとの主張が相次いだ。 ネット上では「有権者より多くの人々が投票した」という説が流れており、トランプ自身も開票の不正行為が行われたことを示唆したツイートを連発。

続いてツイッター社から「コンテンツに異議を提起することができる」と警告表示を付けてわざわざ「表示」リンクを経なければツイート内容を見ることができない事態になっている。

  • トランプのツイートタイムラインで写真のような警告が表示され、「表示」リンクを経なければ内容を見ることができなくなっている

  • トランプのツイートタイムラインで写真のような警告が表示され

警告の横にある「表示」リンクをクリックしないと中身が見えない

トランプのツイートの警告が相次いだ日本の時間11月5日未明から朝まで。 トランプ陣営がミシガン州で集計停止を求めて訴訟を起こしたことが明らかになった頃である。

トランプは、0時04分のツイートで民主党が地盤に位置でも「昨日の夜は、多くの主要な州でリードした」は、

「その時、突然出てきた表の塊が集計されると、魔法のように、その(リード)が消えた。本当に変」

と主張する。 0時35分

「これは一体何?」

で集計否定を示唆した。 2時01分、

“ペンシルベニア州で50万票リードをできるだけ早く消し去ろうと(編注:バイデン氏側が)一生懸命である。同様に、ミシガン州、およびその他の国における!」

と訴えた。

このツイートはすべて根拠が表示されず、タイムラインで表示すると

「このツイートに共有されている内容の一部または全部に異議を提起することができ、選挙やその他の市民イベントの参加方法について誤解を招く可能性があります “

という警告と大統領選挙の状況をまとめたページへのリンクが表示される状態になっている。 警告の横にある「表示」リンクをクリックして、最初のツイートの内容を見ることができる仕組みだ。

保守局も「投票率100%を超える」は、「誤った」

また、トランプは、6時56分にペンシルベニア州、ジョージア州、ノースカロライナ州の3つの州で大きくリードしていると主張している。このツイートは

「このツイート時点では、選挙の公式情報は発表されていないようです。 “

という説明が挿入されて続けてツイートはミシガン州で

「すでに広く報道されたように、投票用紙を大量に廃棄される “

した。 このツイートは警告表示が付けられた。

警告がついたトランプツイートに加えて、インターネット上で広がっているのが、日本でも「トレンド」に入った」の投票率100%を超える」の問題である。 ウィスコンシン州ミルウォーキーの保守局「FOX6」が指摘され、「無効な」と報道した。国がウェブサイトに掲載した記事によると、トランプ陣営

「国から不正行為が報告されており、投票結果の有効性に深刻な疑問が出てきている」

同じ主張する。トランプ陣営「不正行為」の内容を表示なかったが、ラジオ放送とSNSで「登録されている人よりも多くの人が投票した」との主張が展開されていると言って、FOX6も

「これは正しくない。主に360万人の有権者が登録されており、約330万票が投げられた」

と指摘した。選管側も「すべては公開で行われている」と反論してFOX6も

“実際には、FOX6スタッフはケノーシャとミルウォーキーの開票を観察した”

と報じた。

(J-CASTニュース編集部工藤浩)

READ  三浦瑠麗さんトランプ完敗しなければグジャグジャ - 社会:日刊スポーツ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close