スポーツ

章アレジ息子資金不足でF1に長さをのむ[F1-Gate.com]

元F1ドライバーのジャンアレれる息子ジュリアーノのF2でのキャリアを継続するための資金が不足していることを明らかにした。

フェラーリ時代の1995年F1カナダのGPで勝利を収め、通算32回表彰台を獲得した章アレれる息子ジュリアーノアレかがF1に到達するためにキャリアを後援してきた。

しかし、彼の貴重な所有物であるフェラーリF40を売却して資金を捻出したにもかかわらず、章アレれるF1を目指し、息子のための資金調達がされて出なくなってしまった。

「私たちは、2021年に向けたスポンサーがない。フェラーリは、彼のアカデミーで解雇、私たちはもはや民間資金を調達することができない。私のフェラーリF40を売却した」と章アレた 表示 と述べた。

「2020年に、私たちはHWAは誤ったチームに賭け100万ユーロ(1億2400万ウォン)以上を支払ったすべての約束が守られたわけではない.MPモータースポーツに切り替えたときHWAより8万ユーロ(約950万円)をいました。 “

ジュリアーノアレジ(21歳)は、2016年にシャルルルクレールとフェラーリドライバーアカデミーに参加したが、彼のキャリアはルクレールのように進むことができなかった。

2017年と2018年にトライデントでGP3に参戦して4勝を挙げた昨年F2にステップアップしたトライデントと、主にF2でステップアップしたが、15終わるしかなかった。

今年HWA Racelabに移籍したジュリアーノアレれる、オーストリアの開幕戦で有望な6番目の開始氏がトップ10フィニッシュを記録することができなかった。

9月下旬ソチから10試合に先立ち、ジュリアーノアレジ松下シンジの代わりにMPモータースポーツに移籍したが、すぐに改善することができず、ドライバズランキングで17位を走っている。

シーズン開幕前の今年6月には、章ああレジコスト削減対策が講じていないジュニアカテゴリーを批判していたが、それが現実になってしまった。

「今年は、多くのドライバーと、ほぼすべての代表者に悪夢のようなシーズンになるだろう」と章アレれる語っていた。

「私たちは、F1予算の制限、コストの抑制に数ヶ月の間に議論してきたが、F2をF3はすべて何も行われなかった」

「彼らは非常に高価おもちゃであり、誰もがこれを変えたくないようだ」

フェラーリF40の売却について章アレれる次のように述べていた。

「現在の状況ではスポンサーを見つけることは、ミッションインポッシブルだ。ガレージにフェラーリF40を置いておくと息子のレースを見ることは比較にならない。私は彼がレースをしているのを見ることができた人を好む。今F40を運転するには、私は年を取ってもいる(笑)」

フェラーリF40は1987年にフェラーリが創業40周年を記念して製作したリアミッドシップ後輪駆動の2人乗りスポーツカー。 公称最高速度は324km / hであり、発売当時は世界最速の市販車だった。 中古車市場では約100万ユーロ(約1億2000万円)の価値がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F2

READ  ルイス・ハミルトン「シューマッハの後任としてメルセデスF1登録特権」[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close