スポーツ

競馬| タイトルホルダー、82回Kikuka Shoで勝利に向けたスピード調節、テンポコントロール

~~

[3.11 Earthquake: Rebuilding]    10年後:世界と一緒にする東北の回復と回復

タイトルホルダーは、10月24日阪神競馬場で開かれた第82回Kikuka Sho(Japanese St. Leger)で爽快な速度を示しており、最初から最後までリードしました。

横山騎手武はデューラメンテ出身のベイコルトを3分4.6秒で勝利に導いて、日本の競馬協会クラスIで二回目の優勝を獲得した。 トレーナーToru Kuritaは、2011年以来通算4回目G1優勝を獲得した。

3回ポストポジションでゲートを抜けたタイトルホルダーはお早めにどこかに向かうようだった。 彼は60秒で1000メートルに達するし、兵庫県宝塚で開かれた18頭の種牡馬レースの最後の2000メートルを4,798人の観客の前であきらめていない。

タイトルホルダーはライダーChristophe Lemaireが率いるOrthoclaseを5車上回りました。

Yuichi FukunagaはDivine Loveに乗ってOrthoclase後の髪の長さである3位を占めています。 Stella Veloceに搭乗したHayato Yoshidaは鼻の長さで4位を占めて3位以内に入ってませんでした。

Deep Monster、Yutaka Takeのマウントが上位5位以内に聞きました。

Yuga Kawadaが操縦したレースが好きなRed Genesisはノンファクターで13位に上がりました。

逆に横山は、その結果に感激しました。

優勝したライダーは、記者たちに「この前に、私たちはひどいレースを持ったので、今回は優勝をすることに心食べ結果が良くてうれしい」と語った。 「個人的には馬に距離が遠すぎるという思いが聞いた他の姿を見せた期待以上のパフォーマンスを示してどうにか彼を疑ったことが恥ずかしいです。」

タイトルホルダーの紛れもない性能は、2015年G1ダブル優勝者Duramente(Satsuki ShoとTokyo Yushun)におじさんとして初G1優勝をもたらしました。

Yokoyamaの言葉最後のストレッチに入って彼は急速に自分のささやかなリードを増やし仕上げまでのマージンを5の長さに拡大した。 (レース再び表示表示 ここ

「レースに関しては、私はこのような長いレースで彼快適に維持するために集中しました。 彼は正直な言葉です。 彼はあまりにも正直で、常にすべての努力を傾けています。 彼の好きなように移動します。 彼はあまりにも多くの抑制しないでください。」とYokoyamaが言いました。 「今後期待される部分が多いが、状況に応じてエネルギーを節約するためには、ライダーとして少しの技術が必要になります。」

関連: Akaitorino Musume Triumphs In 26th Shuka Sho

著者:エドオーデ所

JAPAN ForwardのEdフォロー [Japan Sports Notebook] ここ 日曜日に [Odds and Evens] ここ 平日やTwitter @ed_odeven。

READ  日本、五輪国内観客決定近いうちに決定

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close