スポーツ

競馬| 日本カップ、カレンダーで最大の年次イベントとして国のレース文化を披露

~~

COVID-19中の東京:緑地空間、在宅勤務の負傷で新たなライフスタイルの機会を提供

~

1981年に始まって以来、日本カップはこの国のレースカレンダーで最大の日付の1つになりました。

今年で50周年を迎えるジャパンカップは、フランスの凱旋門(10月)、オーストラリアのメルボルンカップ(11月)、米国’など年末最大規模の国際大会でも頭角を表している。 ブリーダーズカップ世界選手権大会。

毎年11月の最後の日曜日に開催される2,400メートル(約1½マイル)レースには、日本と海外で最高の従順、騎手、トレーナーが参加します。

11月28日(日)東京競馬場で開かれる第41回ジャパンカップでは18人のフィールドが優勝賞金300万ドル(3億4245万円)をめぐって競い、2位には120万ドル、3位には75万ドルが与えられます。 場所フィニッシャー。

レースマニアに競馬場に到着した後、イベントに賭けることはもう一つの興味深い要素を追加します。 (競馬場およびオフトラックベット施設での日本競馬協会の試合の賭けに関する情報が記載されています。 ここ.)

外国のライダーたちはジャパンカップで数十年間成功を収め、外国生まれのライダーが40レースのうち24レースで優勝しました。 日本のライダーたちが海外最高の大会と同時に実力をテストし、レースの魅力をファンに盛り上げている。

1982年と1983年には、アメリカの騎手のCash AsmussenがMairzy Doatesに乗り、最初のJapan Cupで優勝しました。

1984年、西浦勝一(桂木エース)が日本騎手初のレースで優勝しました。

1992年、岡部幸雄(Tokai Teio)は最初の2回ジャパンカップ優勝者となりました。

日本カップに対する伝説の特別な関係

京都生まれの伝説的な騎手武雄隆は日本カップで唯一4回優勝した選手です。 1999年(スペシャルウィーク)、2006年(ディープインパクト)、2010年(ローズキングダム)、2016年(ギターサンブラック)での勝利は、彼の印象的な成果リストに追加されました。

1989年、ケンタッキー・ダービーとプレクネス・ステークス(Preakness Stakes)の優勝者サンデイ・サイレンス(Sunday Silence)の息子であるディープ・インパクト(Deep Impact)号で、彼のストーリーブックのキャリアで7つのグレードIの勝利を収めました。のキャリアと愛される従順は海外でより大きな注目を集め、それに伴い才能の国際的な指導が高まった。 毎年ジャパンカップに出場する。

Takeに加えて、いくつかの日本カップの勝者は、フランスのOlivier Peslier(Jungle Pocket、2001; Zenno Rob Roy、2004)、イタリアのFrankie Dettori(Singspiel、1996; Falbrav、2002; Alkaased、2005)、そして人気の3回優勝者です。 岩田康成と県日本競馬協会の現チャンピオンであるクリストフ・ルメールが優勝した。

Iwataは2007年にAdmiral Moonに乗って初めて日本カップで優勝し、PeslierのPop Rockを頭の長さに折り、2011年と12年にBeuna VistaとGentildonnaを連続優勝に導いた。

1年後、イギリスの騎手Ryan MooreはGentildonnaを操り、日本カップ優勝を獲得し、Deep Impact-siredの雌馬は、東京レースコースの97,000人の観客と全国的なテレビ視聴者の前でレース史上初めて唯一の繰り返しチャンピオンになりました。 。

レースが終わった後、Mooreは次のように宣言しました。 毎回彼女は現れ、2位や3位を占めるか終えました。 今年、彼女のフォームは優勝することはできませんでしたが、彼女はとても良く見えました」

1991年以来、NHKラジオとテレビで働いてきたオーストラリア競馬アナウンサーMurray Johnsonは、ジャパンカップの歴史の中で最も偉大な瞬間をたくさん目撃しました。 彼はまた、このイベントが日本と海外で大きな問題になった理由についても説明しました。

ジョンソンは「日本カップは国際日程で常に高い順位を占めるだろうが、日本選手たちは一般的にはるかに強くなったが、特に国内でより強くなったと言える」と話した。 日本フォワード

彼は「2005年が外国の馬(アメリカ生まれのアルカセド)がレースで優勝した最後の時期だった。

ジョンソン氏は次のように述べています。

「国際騎手は大きな賞を共有するための短い機会を得ます。 だから、今年はRyan MooreとCristian Demuroが競争するのを見るでしょう。

「今後のCOVIDの制限が緩和されると、2022年にさらに多くの騎手が競い合うでしょう。自分の芝生で日本の馬に勝つのは難しいですが、今年は少なくとも競争力のある言葉が訪れます」

実際、11月末のショーケースは、素晴らしい(そして素晴らしい)馬とエリート騎手が芝生の上で2分20秒を少し超える時間持続するレースで競うエキサイティングなプラットフォームを提供します。

ケース:Lemaireが2009年に5歳ウォッカを優勝した後、彼女は2年連続の今年の日本語に選ばれました。 2年後、ウォッカは日本競馬協会名誉の殿堂に献金されました。

Lemaireは2018年と2020年にAlmond Eyeに乗り、大きな期待に応えました。 ストーリーブックの終わりに、トレーナー坂井久niedaの特別な言葉は昨年の日本カップで優勝した彼女のキャリアを終えた。

アーモンドアイのJRA記録9番目のG1草レース優勝であり、Lemaireはレース後の感想で満足感を隠せなかった。

「これが彼女の最後の出発だったので、それは私にとってとても特別で、私たちが勝つことができてうれしいです」とLemaireは言いました。

彼は続けています。 私たちに近づいている他の人は私を全く心配しませんでした。 アーモンドの子供は完璧な雌馬であり、弱点はありません。」

ウォッカやディープインパクトと同様に、アーモンドアイの競走馬として最も栄光の瞬間のいくつかはジャパンカップで発生し、長年にわたってこれと同様の成果を通じて日本とグローバルレースの日程でアーモンドアイの重要性を強固にしました。

レースに関連する他の有名な名前

レースに大きな評判を与えた1991年のジャパンカップ優勝者Golden Pheasant、Gary Stevensは、Los Angeles KingsのオーナーであるBruce McNallとKingsのスーパースターホッケー選手Wayne Gretzkyが所有しました。

ケンタッキーダービーで3回優勝したStevensは、東京競馬場で開かれた140,000人の観客の前で、Frenchyの雌馬Magic Nightに対して2回の勝利で18-1逆転勝利を収めました。

日本トレーナーが15回連続ジャパンカップ優勝を占めたのに対し、外国生まれトレーナーが年間大会の最初の11大会のうち9大会で優勝したという点は興味深いです。

一方、外国で生まれた騎手たちは2021年に4年連続優勝を獲得しました。 Hugh Bowman(Cheval Grand、2017)、Lemaire(2018、2020)、Oisin Murphy(Suave Richard、2019)。

Murphyの名前は11月6日、Breeders’ Cup Distaffで45-1の逆転乗りでMarche Lorraineに乗った後、数多くのニュース記事や放送報道に登場しました。 Yoshito YahagiのLoves Only YouとMarche Lorraineは、日本ベースの馬で初めてBreedersで優勝しました。 ‘カップレース。

ジャパンカップが世界最高の中で最高とつながっていることをもう一度思い出させます。

関連:

著者:エド・オデブン

JAPAN ForwardのEdフォロー [Japan Sports Notebook] ここ 日曜日に [Odds and Evens] ここ 平日とツイッター @ed_odeven。

READ  カナダのオリンピック選手を東京に派遣するために分裂

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close