スポーツ

競馬| Sodashi、Oka Shoでフィールドベスト、JRAクラシックレースで優勝した最初の白人サラブレッドとなる

~~

[3.11 Earthquake: Rebuilding] 10年後:東北の回復と世界と一緒に回復力

小再び1,600mのレース記録を崩し、4月11日、日本の競馬協会クラシックレースで優勝した初の白馬として歴史に残りました。

吉田隼人に包まれた小再び兵庫県宝塚阪神競馬場で2021年フィリーズトリプルクラウンの最初のレグで81番目岡ショー(日本の1000共和国)冠を獲得するために好きな佐藤ノレイナスを首にかけた。

外部からの印象的なクロージング速度でSodashiは1分31.1秒でGrade Iレースで優勝して連勝記録を5つ伸ばしました。

試合が終わった後、37歳の吉田は「本当に気分が良い」と話した。 「白ロバがどれだけ強いかどうか疑っている多くの人々が多くの圧力を受けたため、私たちはそれらが間違っていることを証明することができて嬉しかったです。 ファーストトラックが欠点がなるかと思っ少し心配したが、彼女はきれい反応し、よく走り、私は見た私たちに近づいていく、他の人を捕まえて彼女を前線に追い込ん入れました。 彼女の可能性は無限であり、彼女の未来が始まることを期待します。」

Sodashiの54歳のトレーナーであるNaosuke Sugaiは13番目JRA Grade Iの勝利を収めYoshidaは合計3つ上げました。

この日の最大の試合である午後3時40分以降は勝者の速度と色が岡ショーで同じスポットライトを受けた。

だからSodashiは彼女の独特の粉砕を持ってどこか? 彼女の孫白雪姫(白雪姫)から。

Sodashiは、2001年NHK Mile CupとJapan Cup Dirt勝者である灰色の米国産の種馬Kurofuneの娘がJRA初の白人GI勝者に選ばれた2020年12月13日Hanshin Juvenile Filliesで連勝を開始しました。 歴史。

Oka Shoのほか、JRAの他の指定クラシック種としては、Satsuki Sho(日本の2000共和国)、Yushun Himba(Japanese Oaks)、Tokyo Yushun(Japanese Derby)とKikuka Sho(Japanese St. Ledger)があります。

日曜日の固体芝生の上で18回競馬レースの第二志望のSodashiは300mを残しStuttiとMeikeiを通って急騰したエキサイティングなイベントが終了する前にキャッチには余りにも早かった。

フランスのライダーChristophe LemaireはSatono Reinasを準優勝に導いた。 福永祐一はファインルージュに乗って3位に上がった。 両方の言葉はすべて小再度連勝を終了するには、活発な試みをしました。 (レースのリプレイを見る ここ

アサイトリノ娘は最後の100メートルを3位から4位移動しました。 初めて700mの間に最初の桁を占めStuttiはレースの途中で衰退した後、最後のストレッチに沿って無理の前方に再び移動した後、混雑フィールドで数箇所再び下落した。 Jockey Yasunari IwataはStuttiを7位導いた。

3,100人以上の観客に発表された観客は多くのキャリアの開始からSodashiの5回目の優勝をしました。

著者:Ed Odeven

JAPAN ForwardのEdフォロー [Japan Sports Notebook] ここ 日曜日に [Odds and Evens] ここ 平日とツイッター @ed_odeven。

READ  東京オリンピック:スケジュール、スポーツと詳細

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close