エンターテインメント

竹内結子さんの家の前のメディア集結YouTuberの「通知」の動画で議論:J-CASTニュース[전체보기]

急死した女優竹内結子さん(40)の自宅マンション前のメディアが一時集結して、ユーザーチューバーが突撃して警察ニュースになる騒ぎがあった。

「申し訳ありませんが、少し迷惑インコに戻りください。」 竹内さんの死亡の便りが伝えられた2020年9月27日、ユチューバ措置の若者が東京都内の自宅マンション前に行ってプレスの横に座り込むなど報道陣に一人一人の話。

  • メディアの形成が議論(写真はイメージ)

  • メディアの形成が議論(写真はイメージ)

「この人なんですよ、スパム行為している「警察に告訴

しかし、ほとんどの人は、ちらっと見るが、訴えに反応しない。 そんな中、主要メディアの男スタッフが反応したため、ユーザーチューバーは「何しに来たんですか?」と疑問を決めた。

グロジャイ職員は竹内さんの件だと説明したが、有チューバーが「いいですか?芸能人が死んで」と尋ねたので、従業員は「そうではない」と否定した。 油チューバアクションは、「少し住民スパムしているようだから」と話し、また訴えを続けた。

この油チューバ措置は、110番通報をしたようで、そこに警視庁の警察官2人が自転車できた。 有チューバ措置が声をかけて最初からメディアの人々は少しずつ減少した、まだ多くの残っているので、ユーザーチューバアクションは、「これらの人々なんですよ、スパム行為している「警察に告訴した。

警察官が有チューバ措置少し離れたところに誘導 “一度はね、ここはね」通過できるように」というお願いをしました。人が邪魔にならないように。それは皆さん、協力してくれ」と説明する。 有チューバ措置がマスコミに対して「警察と手をつないでモデルということですか?」と聞くと、警察は「そんなことはない」と否認してユーザーチューバ措置離れたところに連れて行ったことが内容は「絡み合っ戦いにならないよう」と説明した。

また、警察はマスコミへの対応についてこのように強調した。

警察は、言論の自由を待機も「厳重注意した “

「報道に「確保する」とさっきから2回ほど言っています。ある程度言論の自由というのはありますから」

これに対して有チューバ措置が「言論の自由にも限界がありませんか?」と聞くと、警察は「歩くスペースを確保するように厳重に注意しましたよ」と答えた。 その警察官2人マスコミに話していた。

油チューバ措置はまだマスコミの人々を追いかけるため警察官が「大幅に削減ので、ちょっとね」と困った様子で近づいてきた。 有チューバ措置も「警察がより困難そして、私引っ張りますよ。なんか不便をおかけして申し訳ありません」と返してくれた。

警察は「あなたに話す間違いではないから」「言うことを知らないことができない」と理解を示した。 アパートの前に報道陣の数は、ユーザーチューバ措置がきたことの半分以下に減ったようですが、一度離れる戻ってきていた。

竹内さんが急死した9月27日を中心にツイッター上などでは、アパートの前に集まった報道陣に不満が相次いでいる。 「遺族ことを考えている?」 「そっとしてくれればいいのに」「一緒に住んでいる家族や近所の人に迷惑掛けね」ということである。 他にもアパートの前にマスコミに留意した動画を投稿した他のユーザーチューバ措置もあった。

一方、「しかし、そう言うニュースとか週刊誌に売れてしまうから仕方ない」「言うなら取材に行け人の人間に届かなければ意味がない」との意見もあった。 今回の動画を投稿したユーザーチューバ者の男性に対しては、その大胆な行動を称賛する声も出てきたメディアの人々の前で、その容姿を中傷するなどした言動が「便乗するユーザーチューバ措置も落ちてしまうんだ」との声も漏れた。

(J-CASTニュース編集部野口裕之)

READ  爆笑問題田中雄二、PCR検査「陽性」の所属事務所が発表妻の山口もえは25日に感染が判明し| ORICON NEWS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close